目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

2018年1月22日の大雪警報東京の雪と混乱と帰宅指示と

都心では大雪警報が出るほどの大雪になりました。こんな時に結構話題になるのが企業ごとの出社判断の問題です。

具体的に言うと、大雪が降って通勤や帰宅に影響が出そうな時に社員を帰らせるかどうか。

以前に比べると帰宅指示を出す企業が増えてきたようにも思います。

しかし実際に電車が遅延している駅のホームに人が大量に残されている状況を見ると、未だにきちんとした判断ができてるというのは難しいかなと思います。

ここで大雪などで交通機関の麻痺が予想されるときのベストの対象考えてみましょう。

大雪警報と判断力 

大切なのは早めの判断であったり、状況に応じて何が1番良いかと言うことを判断することだと思います。

例えば大雪警報が出てからしばらくしての夕方の時間…どうやらこのタイミングに帰宅難民が集中していたように思います。

通常よりも早く帰宅しているはずなのになぜでしょう?

考えてもみれば大体の企業が何かの判断軸を持って帰宅指示を出すとすれば警報が出るタイミングなどこれもしりが統一されることが予想されます。

つまり何かことが起きてからの判断になるので、動くのがその中で早かったとは言え、横並びで帰宅指示が出されると言うことになります。

帰宅指示がなされてすぐに帰ったと思っても、同じようなタイミングで同じような企業の人たちが横並びになって、結果として帰宅難民になるんだと考えられます。

ではどういった判断がベストになるのでしょうか?

今回で行くと17時から19時ぐらいにかけてが帰宅難民のピークだったように思います。

これは14時半に警報が出てから12時間で帰宅時の判断がなされた企業、そして18時に丁時ピッタリ残業せずに帰るといった判断がなされるものだと考えられます。

そうすると結果的にここに人が集まることになり、普段であれば残業でピークがずれる人たちが一斉に帰宅することで、駅のホームから人が溢れ出したということです。

ピークをずらす重要性 

結局のところ電車がゆっくりながらも動いていると言う状態であれば、大切なのはピークをずらすということです。

それであれば、皆が帰ろうとする時間に帰るのではないということがポイントになるので、逆に遅く帰ると言うことも判断としてありですね。

もちろんこれは夜になってどんどん雪がひどくなって電車が止まってしまうと言うことが大前提の話ではありますが。

 

今回であれば20時を過ぎてからであれば比較的電車遅れながらであっても、満員電車の混雑といったことでは避けられたように思います。ホームから人があふれるほどの。

結局大切なのは早めの判断をすると言う事なのですが、その判断がみんな同じ時期にされるとなれば、きちんとどのように動くのが最適かと言うことを、「自分の頭で」考える必要があるかなと思いますね。 

自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう

 

 

cvmer.hatenablog.com

 

電車の遅延と咄嗟の判断

新年を迎えて仕事始めのシーズンになりました。今年は3が日に付け加えて4.5と休みを取って、長期の休暇にされた方も多いのではないでしょうか。そういった方にとって今日1月9日は久しぶりの出社の日だったことでしょう。

明るく仕事に迎える方も、憂鬱な気持ちで出社をされた方もいらっしゃるでしょう。気になってくるのは、電車の混雑の具合です。首都圏に住んでいる人ならではの問題かもしれません。

普段の平日でも、結構な頻度で電車の遅延は起きます。しかし、こういった大型連休の後の最初の出社日に、大きな遅れが多いのは、何かあるのでしょうか。

とても残念なことですが、今日私は朝の出勤、夜の退社ともに電車の遅延には見舞われました。

帰宅時、突然の電車遅延

夜の遅延は、かなりのものでした。

アナウンスが入ったのは、他の駅での人身事故があったと言うこと。運転の見合わせに加えていつ復帰するかもまだ見通しが立たないと言うことでした。最初の数分は電車の中で待っていたものの、これはどうしようもならないなと思う機会がありました。

そこで、振替輸送もおこなっています、とのアナウンス。やむを得ないかと思い、むかいます。

振替輸送で起きたトラブル

それならばと別の路線に向かいます。しかし事件が起きたのは、他の路線に到着したと。振り替え輸送はその路線の責任ではないと言うことを言われました。あくまでも人身事故が起きた路線のほうに問い合わせをしてくれと言われ、駅の前には行列ができています。

結局のところ、私はそこに並ぶのが嫌だったので、通常の料金を払って別の路線に乗りました。結果的にそれが正解だった模様です。別の路線に乗った上で自分の最寄り駅に着いた時、スマホで情報を調べると、まだ最初の路線が動き出していなかったと言うこと。いかに座っていたとは言え、いつ動くかもわからない電車の中で1時間も待つのは非常に時間がもったいないなと言うことです。

振替輸送のお金を捨てて得た学び

多少のお金も動くところではありますが、時間を無駄にせず過ごすと言うことを考えると、行列に並ぶ時間よりもお金を払って解決したほうがいいこともあるなと言うことを新年早々実感しました。

人身事故で電車の遅延がないに越した事はありません。しかしいざ起きてしまったらとっさの対処は機転をきかせてやりたいものですね。

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

 

 

huaweiの存在感がすごい

ファーウェイ(huawei)と言うスマホメーカーをご存じだろうか?

以前から格安スマホの世界ではかなり有名ではあったが、2017年特に頭角を現したといっても過言ではないだろう。一時期は格安スマホの中でコスパ最高だと思われていたのは台湾の英数子と言うメーカーだった。zenfoneシリーズが有名なので使われている方も多いのではないだろうか。それに対してファーウェイ(huawei)は若干知名度が落ちると言う状況だった。

2017年に本格的な普及を始めたHUAWEI端末 

状況が変わったら2017年。日本市場にも受け入れられるような…そう言ってしまうとおこがましいが、1部の機能に特化したハイエンド商品を投入することになった。

それがカメラ機能だ。今までカメラと言えば画素数で語られることが多かったが、5映状況が変わったら2017年。日本市場にも受け入れられるような…そう言ってしまうとおこがましいが、1部の機能に特化したハイエンド商品を投入することになった。

それがカメラ機能だ。今までカメラと言えば画素数で語られることが多かったが、huaweiはレンズにこだわった。

カメラブランドでライカと言うものを聞いたことがある人はいらっしゃるだろうか。非常に有名なカメラブランドである。ファーウェイはスマホにこのライカのレンズを搭載したのである。

これによって、画素数だけではなく、iPhoneには実現できないような写真を撮ることができるになった。

HUAWEIの日本浸透に向けた戦略

ファーウェイがすごいなと思わせれるのは、日本市場世界市場に浸透させるための戦略だ。日本は独自の市場として、きちんと取りに来ようとしているところを感じる。

5回は昔はドコモからもスマホ販売していた。しかし、ドコモからそんなに優遇されなかったと言うこともあってかいつしか撤退をしていた。

しかし、HUAWEIはスマホ時代から撤退したわけではなかった。格安スマホから始まり、きちんとした100,000円程度のハイエンドスマホまで。HUAWEIの戦略はお見事なものだった。

格安のP10lite、ハイエンドのP10Plus

買いやすい価格のP10liteは、家電量販店にいけば3万円弱で購入できる。

格安スマホの価格帯とスペックとしては十分すぎるほどだ。

それに対して、ライカのレンズを搭載したP10Plusは10万円ほど。

価格帯としては圧倒的に2分され、ユーザー層も重ならないだろう。

しかし、P10liteから入ってHUAWEIのコスパの良さに気付いたユーザーは、ドコモ等の大手キャリアに頼ることがなくなり、いつしかHUAWEIのハイエンド機へと移行するだろう。

時間軸としては少し長い物語かもしれない。

しかし、HUAWEIのスマホが席巻する日はそう遠くないのかもしれない。

 

cvmer.hatenablog.com