目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

電車の遅延と咄嗟の判断

新年を迎えて仕事始めのシーズンになりました。今年は3が日に付け加えて4.5と休みを取って、長期の休暇にされた方も多いのではないでしょうか。そういった方にとって今日1月9日は久しぶりの出社の日だったことでしょう。

明るく仕事に迎える方も、憂鬱な気持ちで出社をされた方もいらっしゃるでしょう。気になってくるのは、電車の混雑の具合です。首都圏に住んでいる人ならではの問題かもしれません。

普段の平日でも、結構な頻度で電車の遅延は起きます。しかし、こういった大型連休の後の最初の出社日に、大きな遅れが多いのは、何かあるのでしょうか。

とても残念なことですが、今日私は朝の出勤、夜の退社ともに電車の遅延には見舞われました。

帰宅時、突然の電車遅延

夜の遅延は、かなりのものでした。

アナウンスが入ったのは、他の駅での人身事故があったと言うこと。運転の見合わせに加えていつ復帰するかもまだ見通しが立たないと言うことでした。最初の数分は電車の中で待っていたものの、これはどうしようもならないなと思う機会がありました。

そこで、振替輸送もおこなっています、とのアナウンス。やむを得ないかと思い、むかいます。

振替輸送で起きたトラブル

それならばと別の路線に向かいます。しかし事件が起きたのは、他の路線に到着したと。振り替え輸送はその路線の責任ではないと言うことを言われました。あくまでも人身事故が起きた路線のほうに問い合わせをしてくれと言われ、駅の前には行列ができています。

結局のところ、私はそこに並ぶのが嫌だったので、通常の料金を払って別の路線に乗りました。結果的にそれが正解だった模様です。別の路線に乗った上で自分の最寄り駅に着いた時、スマホで情報を調べると、まだ最初の路線が動き出していなかったと言うこと。いかに座っていたとは言え、いつ動くかもわからない電車の中で1時間も待つのは非常に時間がもったいないなと言うことです。

振替輸送のお金を捨てて得た学び

多少のお金も動くところではありますが、時間を無駄にせず過ごすと言うことを考えると、行列に並ぶ時間よりもお金を払って解決したほうがいいこともあるなと言うことを新年早々実感しました。

人身事故で電車の遅延がないに越した事はありません。しかしいざ起きてしまったらとっさの対処は機転をきかせてやりたいものですね。

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

 

 

huaweiの存在感がすごい

ファーウェイ(huawei)と言うスマホメーカーをご存じだろうか?

以前から格安スマホの世界ではかなり有名ではあったが、2017年特に頭角を現したといっても過言ではないだろう。一時期は格安スマホの中でコスパ最高だと思われていたのは台湾の英数子と言うメーカーだった。zenfoneシリーズが有名なので使われている方も多いのではないだろうか。それに対してファーウェイ(huawei)は若干知名度が落ちると言う状況だった。

2017年に本格的な普及を始めたHUAWEI端末 

状況が変わったら2017年。日本市場にも受け入れられるような…そう言ってしまうとおこがましいが、1部の機能に特化したハイエンド商品を投入することになった。

それがカメラ機能だ。今までカメラと言えば画素数で語られることが多かったが、5映状況が変わったら2017年。日本市場にも受け入れられるような…そう言ってしまうとおこがましいが、1部の機能に特化したハイエンド商品を投入することになった。

それがカメラ機能だ。今までカメラと言えば画素数で語られることが多かったが、huaweiはレンズにこだわった。

カメラブランドでライカと言うものを聞いたことがある人はいらっしゃるだろうか。非常に有名なカメラブランドである。ファーウェイはスマホにこのライカのレンズを搭載したのである。

これによって、画素数だけではなく、iPhoneには実現できないような写真を撮ることができるになった。

HUAWEIの日本浸透に向けた戦略

ファーウェイがすごいなと思わせれるのは、日本市場世界市場に浸透させるための戦略だ。日本は独自の市場として、きちんと取りに来ようとしているところを感じる。

5回は昔はドコモからもスマホ販売していた。しかし、ドコモからそんなに優遇されなかったと言うこともあってかいつしか撤退をしていた。

しかし、HUAWEIはスマホ時代から撤退したわけではなかった。格安スマホから始まり、きちんとした100,000円程度のハイエンドスマホまで。HUAWEIの戦略はお見事なものだった。

格安のP10lite、ハイエンドのP10Plus

買いやすい価格のP10liteは、家電量販店にいけば3万円弱で購入できる。

格安スマホの価格帯とスペックとしては十分すぎるほどだ。

それに対して、ライカのレンズを搭載したP10Plusは10万円ほど。

価格帯としては圧倒的に2分され、ユーザー層も重ならないだろう。

しかし、P10liteから入ってHUAWEIのコスパの良さに気付いたユーザーは、ドコモ等の大手キャリアに頼ることがなくなり、いつしかHUAWEIのハイエンド機へと移行するだろう。

時間軸としては少し長い物語かもしれない。

しかし、HUAWEIのスマホが席巻する日はそう遠くないのかもしれない。

 

cvmer.hatenablog.com

 

jblのスマートスピーカーが気になる存在

年末にGoogleホーム、スマートスピーカーを買った。1番使っている機能は、シンプルに音楽を聴く機能である。

そうすると気になってくるのが音質。私が購入したのは、Googleホームmini。

なぜGoogle Home miniを買ったのか?

新しいものを試すにはまずは安いものから10分かなと考えたからである。これは最初の選択としては間違ってなかったと思っている。Googleホームで何ができるの?スマートスピーカって何なの?と言うことに答えてくれるには充分な存在だった。

しかし残念なことに私の生活環境ではまだスマートスピーカーがそんなにスマートになってくれなかった。

googleHomeminiの弱点

例えば予定の読み上げ。

仕事の都合もあるのだが、複数のGoogleアカウントを切り切り替えながら使っている。そうすると、1番最初に登録したプライベートなカレンダーしか登録がされないので、結局のところ予定を見つけることができませんとしか言われなくなって悲しい思いをすることになる。

そもそもビジネス用途のGoogleカレンダーをスマートスピーカにつなごうとしても、現場では対応していないらしい。これは大きな誤算だった。ということで、残念ながらビジネスの予定を調べる、秘書的な使い方をするのは諦めることになった。

天気予報はどうだろうか。

結論から言うとこちらもあまり使っていない。なぜなら、使ってみて気づいたのだが、天気予報は一覧性が重要である。知りたいのはその日の天気と降水確率、最高気温と最低気温。

スマホで天気予報のアプリを開けばこれらが一覧になって見ることができる。何なら1週間分みることもできる。しかしスマートスピーカであれば全て読み上げるの待たなければいけない。そして最高気温を覚え最低気温を覚える。昨日よりどれぐらい来へんかったかの確認をするのも時間がかかる。こういった一覧性が必要な機能を使うにはあまりスマートスピーカは向いていないだろう。

大活躍の音楽再生

意外なところで1番活躍しているのか音楽を聴くところだ。音楽を聴くためにスピーカーの電源を入れるこれが意外とストレスだったことに気づく。朝起きてトーストを焼きながらGoogleに音楽をつけてとお願いをする。自分が普段選ばないような曲であってもSpotifyから適当に選んで流してくれる。適度に新しい音楽との出会いがあってこれはこれで面白い。

そういうわけでいま家にあるGoogleホームは、Spotifyでランダムな音楽を再生するための専用気になっている。

ただしこれは朝起きてすぐなど非常に限られた時間で、5分10分音楽を聴く時だけに限られる。なぜなら最初にGoogleホームminiを買ってしまったからだ。

どうしても小さいスピーカーであるため音質としてはあまりきれいなものでは無い。音楽を楽しむということにはまだ不向きであるということに気づく。

スマートスピーカーで音楽を楽しむには

とはいえ今後も音楽が聞けて非常に良い音質であることに越した事は無い。そこで気になるのが通常のスピーカーのメーカーにAI昨日スマートスピーカーの機能が搭載されたものである。

JBLのスマートスピーカーが気になる

いろいろ探してみて気づいたのは、普段プライベートで使っていて音質の良いスピーカーであるJBLと言うブランドだ。

どうやらJBLのスピーカーにスマートスピーカー機能が搭載されたものがあるらしい。結局現時点で音楽を聴くことに特化しているのであればこういった音質の良いスピーカーを買っておくというのがもしかすると1番良い選択肢だったのかもしれない。

もちろん通常のスマートスピーカーであるGoogleホームなんかよりもお値段が張ることは間違いない。しかし、音楽を聴く用のスピーカーとスマートスピーカを分けるということも無駄になる事は間違いないので、せっかくであれば音楽専用機のスマートスピーカがあってもいいのかもしれない。個人的にはJBLのスマートスピーカが今とても気になっている。