目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

LINEPayの2%ポイント終了、非常に分かりにくい新サービスとは?

LINEPayカード、BUZZFEEDの記事でも出ていましたが、非常にポイントの貯まるいいカードでした。

プリペイドとはいえ、たまるポイントは破格の2%。

各種クレジットカードが高くても1.2%程度に収まっていく中で、大盤振る舞いのカードとなりました。

しかし、3月末に2%ポイント終了のアナウンス。

しかもこれが5/31まで、ということにもかかわらず、内容は全く知らされてきませんでした。

つい先ほどLINEで通知が来て、しかもうーん…とうなる内容だったのでまとめてみます。

LINEPAYのグレード制度:マイカラー

今後は、毎月の利用状況に応じて段階を踏んで本人のマイカラーを設定。

それによって徐々にポイント付与率を変える模様。

  • グリーン:2%
  • ブルー :1%
  • レッド :0.5%
  • ホワイト:0%

トップがグリーンなのはLINEのコーポレートカラーの現れでしょうか。

しかし、この付与率と高還元なクレジットカードでも1.2%程度、ということを考えると、半数程度は0.5%に、そして今までの2%はほぼいない…となるのでは。

それにしても大きく変えましたね…

ポイント付与は毎月の利用額10万円まで

さらにいうと、今までは月額の利用すべてにポイントが付いていましたが、ポイントのつく上限が毎月10万円の利用まで、となりました。

とすると、いままでガンガン使っていた人の還元率はより下がるわけですね。

iPhoneXとか購入すると、全体のポイントつかないわけなので…

不透明なグレード体系

今回、LINEPayについてちょっとそれはないだろう…と思ったのが、ポイントの切り下げもさることながら不透明なグレード体系です。

  • 何をすればそのグレードになるかは「全体の利用に基づいた総合的な判断」として明示しないこと

変更の3日前にユーザー告知をしたことからも推察されますが、かなり最後までLINEの社内でもめたんじゃないかなー。。。とは思います。

あと、グレードを上げようとして(一般的にはたくさん使う方が評価が高いので)カードをたくさん使おうとしても、上限の10万円があることで、それでも高還元とはいいがたくなってしまいますね。

LINEPayのこれからと危機感

とりあえず、今後の対処法として、LINEPayカードはメインカードから外します。

オートチャージも先ほど外しましたし、基本的には持ち歩くこともなくなるでしょう。

現時点での使い道としては、仲間内での送金機能に特化して、これが手数料有料化になったら他のサービスを探すかな…というところ。

一番は、LINEアプリのアップデートでウォレット推しになったころからですが、企業の論理を振りかざしてユーザーの利便性よりも使わせたいものを推すことがちょっと嫌なところですね。

賛否両論あるかとは思いますが、LINEよりも(特に決済周りでは)いいプレイヤーが出てくることを願ってやみません。

 

auソフトバンクのテザリングは無料の方が会社の利益になる?

auとソフトバンクが2社仲良く、スマホのテザリングオプションの有料化を宣言しました。

そもそもテザリングとは?そしてドコモが有料化しない意味とは?

テザリングとは

ざっくりいうと、スマホをWi-Fiルーターがわりにして、他のデバイス(PCだったりタブレットだったり)のネット接続ができるようにする機能です。

ノートパソコンだったり、Wi-Fi専用のタブレットを持ち歩いているときに、Wi-Fiルーターがなかったとしても自分のスマホを使ってネット接続ができる!という機能ですね。

個人的には、外での打ち合わせも割と多いので、スマホ経由でネットに接続する、という機能は非常に活躍してくれています。

auとソフトバンクのテザリング料金

au,ソフトバンクのテザリング利用料金は月額500円です。

500円で外でもネットが使えるなら安いもの…とも言えますが、この500円には何の料金なのでしょう?

とくに500円払ったら何GB追加される、というものでもありません。

ただ単に、テザリングという機能を使うための手数料です。

ドコモは有料化の予定なし、だが…?

一方で、ドコモの広報はテザリングの有料化については予定なし、としています。

とはいえ、無料キャンペーンを敷いているのみで、料金設定はしているという状態。

これもなんだか…不思議な状態ではありますね。

ただ、後述するように実際に永年無料の可能性もあると思っています。

テザリングは無料の方が各社の利益になるのでは

2018年3月現在、ドコモ、au、ソフトバンクの料金プランはデータ「定額」ではありません。

従量制、使ったら使っただけ課金されていきます。

であれば、データ通信の利用量が増えれば増えるほど、ケータイ各社の利益にはつながりますよね。

PCもタブレットも、ガンガン使ってもらった方が上のデータ容量に行ってもらえる、と考えるのであれば、、、

テザリングもどんどん推進して、上の料金プランを使ってもらった方が会社の売上を考えてもいいんじゃないかなーと思うわけです。

実はテザリング無料な格安スマホ

ちなみに、格安スマホでもテザリングはできます。

そして、それにかかる料金は無料です。

…格安スマホが出てからというもの、ケータイ各社が「必須です」と言っていたオプションがあまり意味をなさなくなっているような気がして、なんとも言えない気持ちになりますね。

2018年1月22日の大雪警報東京の雪と混乱と帰宅指示と

都心では大雪警報が出るほどの大雪になりました。こんな時に結構話題になるのが企業ごとの出社判断の問題です。

具体的に言うと、大雪が降って通勤や帰宅に影響が出そうな時に社員を帰らせるかどうか。

以前に比べると帰宅指示を出す企業が増えてきたようにも思います。

しかし実際に電車が遅延している駅のホームに人が大量に残されている状況を見ると、未だにきちんとした判断ができてるというのは難しいかなと思います。

ここで大雪などで交通機関の麻痺が予想されるときのベストの対象考えてみましょう。

大雪警報と判断力 

大切なのは早めの判断であったり、状況に応じて何が1番良いかと言うことを判断することだと思います。

例えば大雪警報が出てからしばらくしての夕方の時間…どうやらこのタイミングに帰宅難民が集中していたように思います。

通常よりも早く帰宅しているはずなのになぜでしょう?

考えてもみれば大体の企業が何かの判断軸を持って帰宅指示を出すとすれば警報が出るタイミングなどこれもしりが統一されることが予想されます。

つまり何かことが起きてからの判断になるので、動くのがその中で早かったとは言え、横並びで帰宅指示が出されると言うことになります。

帰宅指示がなされてすぐに帰ったと思っても、同じようなタイミングで同じような企業の人たちが横並びになって、結果として帰宅難民になるんだと考えられます。

ではどういった判断がベストになるのでしょうか?

今回で行くと17時から19時ぐらいにかけてが帰宅難民のピークだったように思います。

これは14時半に警報が出てから12時間で帰宅時の判断がなされた企業、そして18時に丁時ピッタリ残業せずに帰るといった判断がなされるものだと考えられます。

そうすると結果的にここに人が集まることになり、普段であれば残業でピークがずれる人たちが一斉に帰宅することで、駅のホームから人が溢れ出したということです。

ピークをずらす重要性 

結局のところ電車がゆっくりながらも動いていると言う状態であれば、大切なのはピークをずらすということです。

それであれば、皆が帰ろうとする時間に帰るのではないということがポイントになるので、逆に遅く帰ると言うことも判断としてありですね。

もちろんこれは夜になってどんどん雪がひどくなって電車が止まってしまうと言うことが大前提の話ではありますが。

 

今回であれば20時を過ぎてからであれば比較的電車遅れながらであっても、満員電車の混雑といったことでは避けられたように思います。ホームから人があふれるほどの。

結局大切なのは早めの判断をすると言う事なのですが、その判断がみんな同じ時期にされるとなれば、きちんとどのように動くのが最適かと言うことを、「自分の頭で」考える必要があるかなと思いますね。 

自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう

 

 

cvmer.hatenablog.com