読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

OCNモバイルONEが格安SIMデビューの決定版に:7/27からスマホ完結

NTTコミュニケーションズが提供する格安SIM、OCNモバイルONE。このたびのアップデートで、時代に合わせて圧倒的に使いやすくなりました。使いやすさのポイントは、今まで設定のためにパソコンが必要だったことへの対応。 OCNモバイルONEは、パソコンいらずの…

DMMモバイルがまた料金改定:1GBあたり単価の最安を調べてみた

業界最安値を宣言しているDMMモバイル。かつてのソフトバンクのように、他社が安いプランを出したらそれよりも安い値段を出す!と宣言しています。また、実際に宣言通り、値下げを敢行しています。今回は、7GBという比較的ヘビーユーザー向けの料金改定です…

スマホの通信速度、ベストエフォートってなんだろうか:WiMAX2+から考えよう

WiMAX2+が全然使い放題じゃない!というような騒ぎがありました。月間の通信量とか、3日で3GBの制限に関して争いつつ、現時点では「広告表現を改める」ということで終息させたい会社と、終わらせられない集団訴訟が盛り上がりそうです。 しかし、制限につい…

攻めのSHARP、SIMフリースマホをDMMモバイルから発売

2015年の第一四半期で400億円以上の赤字を計上したSHARP。国内メーカーがスマホ事業から相次いで撤退する中、ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルすべてに複数種類のスマホを卸しています。 そんなスマホ販売に攻めの姿勢のSHARPですが、注目すべきは格…

ワイモバイルのAQUOS CRYSTAL Y、SIMロック非対応の不思議

ソフトバンクの新製品AQUOS CRYSTAL2よりも、実はハイスペックなAQUOS CRYSTAL Y。夏モデルからは各キャリアSIMロック解除に対応している…はずですが、このワイモバイル端末には要注意。こちらはSIMロック解除非対応です。 目次 AQUOS CRYSTAL YとSIMロック…

UQのWiMAX2+が変えるのは広告表現…不満は収まらぬ

集団訴訟の動きもある、UQコミュニケーションズのWimax2+。このたび、会社公式に対策を発表しました。しかし、主の対策としては「広告表現の改善」ということで…結局現時点でのユーザーに対するアプローチとしては疑問が残るところです。 目次 Wimax2+問題の…

スマホが高い…1,000円で使える格安スマホ徹底ガイド

ドコモ、au、ソフトバンク…スマホを利用しようと思ったら、どこの会社を選んでも6,000円は超えてしまいます。しかし、毎月1,000円程度で使えるスマホがあったら、どうでしょうか。特にスマホを欲しがっているお子様がいれば、料金は悩ましいところでしょう。…

スマホ料金の大きな誤解:ドコモ等ケータイ3社は横並びじゃなくなった件

スマホ・ケータイの料金。毎月いくら支払っていますか? ドコモ、au、ソフトバンク…主要三社で横並びの料金だから高止まりしているんだ!と言われたのは、ある意味で過去の話です。今は、3社の料金は横並びではありません。ケータイ業界の現状について、誤解…

格安スマホの言葉に潜む誤解:格安なのはスマホ?通信?

スマホの普及につれて、ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリア以外の選択肢も、徐々にいろいろな人に認知されるようになってきました。 「格安スマホ」「格安SIM」とか呼ばれています。 しかし、これって理解の仕方によってはトラブルのもとになりま…

ソフトバンクが格安スマホ(MVNO)の子会社スタート

ソフトバンクが安くなるという話…ではありません(笑)。今までドコモ回線貸出の独壇場になっていたMVNO事業に、auに続きソフトバンクも自社参入する、ということです。 おそらく、ドコモ系のMVNOとは別路線で、普段は見えないところに組み込まれていくのでは…

みおふぉんが格安SIMと機種セット販売開始:MVNOのドコモ化が加速する

みおふぉんの名前で有名な格安SIM販売(MVNO)、IIJ。 格安SIMの先駆けとしては有名な会社です。 ネットでのSIM販売と、ビックカメラで直接販売をしていました(BicSIM)。 今までは、SIMカードと呼ばれる通信用のカードのみの発売でしたが、7/7の七夕から、…

VaioPhoneは3万円代ならアリかも:日本通信ぬきで素のandroid5.0を楽しめる端末

日本通信とVaio株式会社で、鳴り物入りで登場したVaioPhone。 実際はVaioのロゴがついただけで、中身はPanasonicのOEM?という疑惑も残る端末ではあります。 そして、値段の割にスペックがほかのSIMフリー端末に比べて見劣りするもので…しかも日本通信とセッ…

Tair:TSUTAYAがPCレスで音楽取り込める機器発売…スマホ対応の方向性が歪んでる

MVNO参入も含め、直近のスマホ対応を急いでいるTSUTAYA。 Tポイントカードの時も思いましたが、絶妙に対応の方向性がずれてる気がするんですよね… 今回は、PCなくしてスマホにCDを「取り込める」機器の発売。 その名もT Air。 …ずれてる気がしませんかね。 T…

カケホーダイ&パケあえる、家族で使うとほんとにオトク?ドコモのソフトバンク化を問う株主総会

ドコモの株主総会での質疑応答。 長期顧客を軽視しているのではないか? ソフトバンクのようになっていないか? ※ドコモとソフトバンクを両方おとす高度な質問ですね 対してドコモ側は、長期顧客優遇について問われても、カケホーダイ&パケあえるの強制がそ…

Niftyの格安SIMがデータ繰り越し対応で、どんどん使いやすくなる

最近、新しいことをどんどんいれて注目株なのが、Niftyが提供する格安SIM(MVNO)サービスの、Nifmo。 7月から、MVNO各社が提供してきたデータ容量の繰り越しを開始するようです。 以前のインタビューで、6月には通話定額のサービスにも言及していたので、そ…

ガラケーじゃなきゃ嫌!と思うなら、理由を分解してみよう

ドコモ、au共にガラケーはガラホに変わってしまいました。 特に、Gratina3でも出てくれないと、auガラホはスマホ的な料金体系なのでつらいところ。 しかし、今使っているガラケーの後には、ガラケーがいいのか、ガラホがいいのか、それとも実はスマホでもい…

丁寧なあなた。本当にケータイ補償のサービスは必要ですか

ドコモやauといった大手キャリアでスマホを買うと、手厚いサポートがついてきますね。 その中で特筆して考えてみたいのが、ケータイ補償のサービス。 毎月数百円を保険として払っておけば、本来なら補償対象外の水濡れや、画面がバッキバキに壊れてしまった…

意思表示をしなければドコモのようなインフラ産業が変わることはありえない

ケータイ・スマホキャリアも含めたインフラ産業について思うこと。 一定程度ひどい対応をして、改善をしなかったとしても、ビジネスに影響が及ばないんですよね。 どんなに不快な思いをしても、やめて他に切り替えるための代替案をもたないと交渉の余地がな…

ドコモのツートップ獲得,auも1万円分の値引きで参戦

2年前、ドコモのツートップでXperiaAとGalaxyS4が、優待価格で販売されました。 ちょうど買い替えのサイクルに当たる今、ソフトバンクはわかりやすくツートップ狙い撃ちで割引施策…ドコモから買い替えたら安くなるよ施策を打ってきました。 対して、元のドコ…

ガラケー同様の格安利用:スマホを通話専用で運用する

ドコモの機種変更がカケホーダイ必須になってそろそろ1年が経過します。 カケホーダイ&パケあえる、の利用となると、最低でも月々の利用が6,500円から。 税込みで7,000円を超えますね。 通話は待ち受けと、ちょっとしゃべるくらい…という使い方であれば、ガ…

ワイモバイル1周年で通信容量倍増!MNPだけ優遇特典

ワイモバイルが8月で1周年です。 それにしては気が早いような気もしますが、6/11~8/31の期間限定でMNPの優遇キャンペーンをやるようです。 MVNOが活性化して、現行のプランではちょっと割高かな…と思っていた折にはちょうどいいキャンペーンですね。 ※釣っ…

カケホーダイ(ドコモ)が2,000万契約突破という事実:必要なのは1,000万人未満では

ドコモの報道発表によると、カケホーダイの料金プランを選んでいる人が2015/6/6づけで2,000万を突破したようです。 果たして、2,000万人のうち、本当にカケホーダイを必要としているのはどれくらいの人数なのでしょうか? カケホーダイによる事実上の値上げ…

おかわりSIMが日本通信から:500円から1,500円の多段階定額制

VaioPhoneで有名な日本通信から、一風変わったように「見える」SIMカードの販売です。 その名も、おかわりSIM。 500円からスタートできて、上限1,500円で安心だよ~、というSIMですね。 おかわりSIM(日本通信)の概要 おかわりSIMは多段階定額制に見えるが……

AWA使ってみる④:最終的にはドコモやauが儲かる話

音楽聴き放題サービスのAWAを使ってみています。 最近はtwitterのプロモーションにもたくさん出ていたり、アメブロで紹介されていたりと、かなーり力を入れていますね。 使い方を考えると、気合を入れて聴く、というよりもBGMで流しっぱなしにして新しい曲と…

スマホの充電、iPhoneよりXperiaが断然長持ちを実感

つい最近まで、iPhone5Sをメインで利用していました。 しかし、おサイフケータイ用にサブで利用していたandroidスマホを買い替えたのと同時に、メインが逆転。 そして困っていた電池もちの悩みが解消されました。 XperiaZ3、電池の持ちが非常にいいです。 iP…

Zenfone2はセットで買うならNifty注目

Zenfone2、発売から2週間が経過しましたね。 ブラックだけが発売日遅れていましたが、それも本日(5/31)から発売開始です。 今やもうamazonでも買えるので、amazonでZenfone2を購入して、今まで使っていたSIMをさすのもいい感じです。 セット販売も各社出て…

iPhoneのワントップに、XperiaとGalaxyのツートップ

iPhone5をドコモで販売されるようになってからですが、代わり映えがしなくなりましたね。 通信キャリアを選ぶ際に、昔あったiPhoneかandroidの二元論からドコモやソフトバンクを選んでいた時代を懐かしむわけではないですが… 極論、いまどこでも買えるという…

DMMモバイルが7GB1,880円に値下げ:キャリアの約1/3、格安の鉄板に

最安値宣言をしていた格安SIM(MVNO)企業たるDMMモバイルですが、このたび再度の値下げを実施しました。 価格としては、7GBで1,880円(データ通信のみ)。 過去にドコモ等のキャリアであれば、7GBで5,700円とかですから… 1/3に近いくらいの価格設定になって…

ワイモバイルのNEXUS5が6/7まで超オトク

※6/7以降はこちらへ:ワイモバイル1周年で通信容量倍増!MNPだけ優遇特典 大手キャリアのスマホは割引がころころ変わるので、買い時が非常に難しいです。 一つは、3月の年度末になると各社販売数を伸ばすために必死になりますね。 今年(2015年)の3月も、ド…

XpeiraZ3を買った⑩:今ならXperiaZ3compactもいい選択

XperiaZ3を購入して、利用して2か月弱になります。 非常に満足度が高いのですが、現時点の状況で同じ選択をするか、といわれると、違うかもしれません。 同じXperiaを買うとは思うのですが、もしかしたらその端末は、XperiaZ3Compactかもしれません。 Xperia…

SIMロック解除でトクする方法⑤:MVNOの格安SIM、選択肢を知る

スマホ本体が手に入ったあとは、どうやって格安SIMを選ぶかです。 どんどん選択肢が広がってきていますからね… ドコモ系とau系のどちらを選ぶべきか ドコモ系MVNOの簡単な特徴 au系MVNOの簡単な特徴 ドコモ系とau系のどちらを選ぶべきか 大きく分かれるのが…

OCNモバイルONE、日額プランでよかったこと

XperiaZ3とOCNモバイルONEの110MB/日のプランで日々利用しています。 実体験として、月額でなく日額にしておいてよかった、ということがあったので。 普段のスマホ(OCNモバイルONE)の使い方 使ってしまった日に起きたこと 日額プランのメリット 普段のスマ…

SIMロック解除でトクする方法③:格安SIM≒MVNOってなんぞや

実は、SIMロック解除は、「オトク」という観点からは大きな影響がないことを前回記載しました。 というよりは、SIMロックを解除しても使う先がない、というのが正直なところです。 では、SIMロック関係なく今のスマホを活用する方法がないのでしょうか? 目…

auスマホユーザー朗報!UQモバイルがめっちゃ良くなった

MVNOといえばドコモ系!でしたが、auユーザーの方にも朗報です。 UQモバイルが一気によくなりました! auスマホを利用している方へ。 いまauで利用しているスマホでMVNO(格安スマホ)が使えるようになります! 格安スマホ(MVNO)とは? 格安スマホについて…

XperiaZ3を買った⑥:OCNモバイルONEのSIMを開通するまで

XperiaZ3と組み合わせれば、なんと40Mbpsも可能だった(実測)OCNモバイルONE。 MVNOデビューだと、どのように設定するかが悩むかと思うので、備忘メモです。 SIMを注文するのと、開通(支払情報などを設定する)という2ステップがあります。 OCNモバイルONE…

XperiaZ3を買った⑤:OCNモバイルONEで40Mbps記録

XperiaZ3の購入レポート、今回は機種のことを離れて通信についてです。 せっかく白ロムで購入したので、SIMはMVNOを利用。 今回は、IP電話も利用していきたいので日々外でも利用ができるよう、OCN モバイル ONEの110MB/日コースにしました。 下り40Mbpsを記…

XperiaZ3を買った②:価格変動とnanoSIMに注意

ドコモ版XperiaZ3のSilverGreenを白ロムで購入しました。 注文から手元に届くまでに時間がかかっているのですが、いろいろと気づいたことがあるので備忘もかねて。 タイトルから推察されるように、ちょっとミスりました。 XperiaZ3購入にあたって Xperiaと同…

XperiaZ3を3万円台で買った:VaioPhoneやXperiaJ1がふざけた価格すぎる

おサイフケータイを利用したいので、androidスマホを1台利用しています。 今までは過去にドコモで契約をしていたGalaxyS3を利用していたのですが、さすがに動作が重くなってきたのと、OSアップデートが見込めないこと、そして何より電池のもちが悪くなってき…

iPhone6のSIMフリーが値上げで復活:ドコモ契約と比較してみた

一時期applestoreで販売停止になっていた、SIMフリー版のiPhone6と6Plus。 aplestoreで購入可能に復活したようです。 ただし、円安の影響を受けてか、大幅な値上げとなっていますね。 どのように使えばいいのか、きちんと比較してみましょう。 iPhone6本体の…

BIGLOBEが容量増加に制限撤廃、繰り越し開始と盛りだくさん

みおふぉん、OCNモバイルONE、楽天モバイルとMVNOの容量増加が相次ぎました。 第二の波か、DMMモバイルが値下げも含めた格安対応をしましたね。 参考:DMMモバイルが大幅値下げ!業界最安値に これでひと段落かと思っていましたが、BIGLOBEも新たな手を入れ…

G3beatを安く思わせる5万円のVaioPhoneとXperiaの効果

イオンスマホですが、両方とも5万円オーバーのVaioPhoneとXperiaに挟まれることによって、相対的に3万円弱の京セラDignoが安く見えるということが起きました。 参考:春のイオンスマホは相対的に京セラDIGNO(S301)かも なんとなくですが、MVNO界隈(という…

DMMモバイルが大幅値下げ!業界最安値に

データ通信容量が拡大ラッシュのMVNOですが、DMMモバイルは期待通りやってくれました。 みおふぉんに早期の追従では芸がない、少し時間は空きましたが、プラン新設と大幅値下げです。 価格にこだわる人には、DMMモバイルを選ばない理由がなくなってきました…

ドコモのMVNOと違ってデータ増量に踏み切れない思惑外れ

みおふぉんを皮切りに、楽天モバイル、OCNモバイルONE、Nifty… こぞってMVNO各社が価格据え置きでデータ通信容量の増加を打ち出しています。 3GBで900円、5GBで1,500円… だいたい1GBあたり300円!がMVNOの相場になってきましたね。 それに対し、回線を貸して…

VaioPhoneとXperiaJ1を真面目にくらべてみると、回線品質に行きつく

Sonyから分かれてスマホに参入したVaioPhone。 通信キャリアの呪縛から離れたXperia。 両社とも結局SIMがセットの呪縛からは逃れられず、さらにイオンの店頭で仲良く並ぶことになりました。 まじめに、どのような違いがあるかを比較してみましょう。 VaioPho…

Niftyもデータ容量増量だが、驚きなし

みおふぉん、楽天モバイル、OCNモバイルONE… Niftyもデータ容量増量ですね。 自然な流れではありますが、気になるのはカケホーダイ宣言の時の料金。 各社とも、現状は料金据え置きなので影響はないかとも思いますが、今後の料金の新設に影響がでないかは心配…

OCNモバイルONEがスピーディに容量拡大!5GBはみおふぉんより安値

みおふぉん、楽天モバイルに続き容量拡大するMVNOはどこかなーと思っていましたら… 次はNTTコミュニケーションズのOCNモバイルONEす。 いい意味で予想が裏切られました。 OCNモバイルONEが5GBでは楽天モバイルを抑え最安値に OCNモバイルONEの月額プラン イ…

楽天モバイルが早速みおふぉん増量に追従!MVNO容量競争激化へ

みおふぉんと楽天モバイルから、MVNOの競争が再燃しそうですね! みおふぉんが4月から価格据え置きでデータ通信容量を2GB⇒3GBに増量することを発表しました。 MVNO各社が追従するだろうな~と思っていましたが、第一弾は楽天モバイル。 楽天の通信事業への本…

ドコモを解約してもモバイルSuicaを使い続ける方法

カケホーダイプランが始まっていよいよ割高感が出てきた、ドコモをはじめとする日本の大手キャリア。脱ドコモをして、格安スマホともいわれるMVNOで通信をして、スマホ本体はZenfoneやAscendを利用する手もあります。 人によっては、通勤に便利なモバイルSui…

みおふぉんが900円で3GBに増量で、繰り越しても使いきれないレベル

MVNOの料金・スペック競争が激しくなってきましたね。 春商戦でドコモやauがMNP獲得競争をしていますが、MVNOみおふぉんもしっかりと販促施策を用意しています。 みおふぉんは900円で3GB みおふぉんは3GB、5GB、10GBの3プランに もともとの価格はこちらの3種…

ガラケーでLINEをやるくらいならMVNOスマホと2台もちの方が安上がり

LINEのチャット機能が、メールにとってかわる時代が来ていますね。 無料通話とかいろいろありますが、LINEの基本はメッセージアプリです。 特にガラケーからスマホへの移行期の日本において、うまくキャリアメールという存在を置き換えた成功例と言えるでし…