目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

iPad air2とiPad mini3発表!だが大穴は初代airの一択。

NEXUSに続いて、appleの新商品発表会もありましたね!

iPhoneから1か月、個人的にはタブレットを楽しみにしていました。

価格と容量

iPad air2(16GB):53,800円

iPad air2(64GB):64,800円

iPad air2(128GB):75,800円

==================================

iPad mini3(16GB):42,800円

iPad mini3(64GB):53,800円

iPad mini3(128GB):64,800円

==================================

iPhone6同様、32GBモデルはなくなりましたね。

タブレットの利用はクラウドストレージがほとんどなので、個人的には128GBもいらないのですが。

SIMフリーも同時発売で、+14,000円です。

…お値打ち!って印象でもないですね。

特筆すべきスペック

共通事項としてはtouchIDですね。

そして新色のゴールド追加。

 

airについては、A8プロセッサでサクサク。

8メガピクセルのカメラも搭載。

さらに薄くなった筐体。

 

miniはA7のまま、カメラも5メガピクセル。

…あれ?初代airと同スペック?

純粋なサイズ違いの初代airとmini3

touchIDの違いはありますが、初代airと同スペックです。

なんというか、驚きのカケラもありません。

正当進化と言えばそうなのですが、物足りなさは拭えない。

mini⇒mini2であれば、プロセッサもA5からA7、Retina搭載など驚きはあったのですが。

今回は違いましたね。

今回のポイント:過去のシリーズ併売

今回は、過去シリーズを価格安くで併売が特筆すべきところでしょう。

なぜなら、スペックがほとんど変わっていないので。

16GBで比べると、以下の通り。

=================

air2  :53,800円

air    :42,800円

mini3:42,800円

mini2:31,800円

mini1:26,800円

=================

結局、これならサイズ感やtouchID気にしないなら、初代airがコスパ最強ではないでしょうか。

touchIDは頻繁に使うスマホならセキュリティ的に便利なんですが、タブレットまで行くと別に必須ではないんですよね。

applePayとか、タブレット出すのか、って話ですし。

キャリアからの発売(参考)

今回は、即時にドコモからも発売のようです。

au,ソフトバンクも発売のようで、3社横並びですね。

ただ、各社のHPを見ると、準備の違いが目に見えます。

ソフトバンク:やっぱり力を入れている

f:id:cvmer:20141017115113p:plain

HPを見ると、トップページの目立つところにバナーを置いて、すぐにみられるようにしています。

(ローテーション式で、この後iPhone6に移動)

ドコモ:早めに告知

トップページから1階層下になるものの、ドコモからのお知らせで告知していますね。

au:告知どこ?

お知らせで伝えるのはドコモと同等なのですが、トピックス⇒ニュースリリースにタブを切り替えてあげる必要があるので、ほぼ確実に目に入りません。

タブレットよりは、XPERIA Z3の発売も近いので、そちらのほうが目に入りやすい構造ですね。

まとめ

私はおそらく、価格の下がった初代airを買います。

大きければ、mini2も買います。

それだけ買っても、iPhone6+より安いということが大きい。

需要と価格のバランス見ているんでしょうが、なんだかなーと思いますね。 

参考記事: