目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

iPad airやminiを新品同様で安く買うなら、リファービッシュ(整備済製品)もあるよ

apple新機種の発表にも関わらず、コスパ最強はiPad airの初期モデルだと信じて疑いません。

2と1で1万円以上変わります。

とはいえ、airは42,800円です。

air2の53,800円や6Plusの79,800円(高…‼)ほどではありませんが、お高い買い物に間違いはありません。

しかし、新品同様のものを36,400円で購入する方法があります。

それがリファービッシュ(整備済製品)です。

 


リファービッシュiPadとは?

公式サイトはこちらです。

説明は続きますが、まずは36,400円が事実(2014/10/18現在)であることを目で見て体験してください。

Shop Refurbished iPad - Apple Certified Refurbished iPad Air - Apple Store(日本)

一言でいうと、「不良品をappleが修理してappleクオリティ認定で再販したもの」です。

いったん人の手に渡ってから修理して販売しているので、新品クオリティでも価格を下げているのですね。

なので日本語訳が「整備済み製品」となっています。

販売⇒不具合⇒回収、整備⇒再販(イマココ)

ってことですね。

リファービッシュと中古品との違いは?

だったら結局中古でしょ、ヤフオクとかで買ったほうが安いじゃない!

と思う方。それは違います。

appleのリファービッシュ品は、以下の3点で新品同様です。

  1. バッテリー交換済み(電池の劣化なし)
  2. 外装交換済み(表面のキズなし)
  3. 不良部品交換済み(不具合のリスク小)

また、重要なのは新品と同様に1年間のapple公式保証がききます。

1回人の手に渡った、という事実はありますが、これだけの保証があれば十分に安心できるのではないでしょうか。

※ただし、世間一般に「リファービッシュ品」と言われるものすべてがこれにあたるわけではありません。
特に、バッテリーや外装は交換しないところもあるので、ご注意ください。
この記事の話はあくまでもapple公式ストアでのリファービッシュ品について説明しています。

まとめ

私は、このタイミングでiPad air(初期モデル)の16GBリファービッシュ品を買う予定です。

マイナーチェンジだったからこそ、値下げした型落ちモデルが生きてくる、というものではないでしょうか。

リファービッシュiPadair買ってみた

参考:iPadPro体験レポート:Pencilの使い心地やいかに