読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

applepayよりもおサイフケータイが使い勝手がいい(飛行機!)

まだ日本では対応していない、ということで盛り上がりに欠けるapple payですが、モバイル×決済ということにはかなり興味が深いです。

というのも私は、「おサイフケータイ」のヘビーユーザー。

最初のスマホをandroidにしたのも、赤外線やワンセグなんていらないけれどおサイフケータイが使いたい、その一心でした。

(Xperia acroはその点でものすごく寵愛した端末でした)

しかし、周囲の人にこの話をすると、「スイカあればいいでしょ」のひところで片づけられてしまいます。

確かに、コンビニで支払ったり通勤通学に使うということなら、それで十分です。

それでは足りない、もっと「スマート」な生活があります。

おサイフケータイ基本の使い方:小銭いらず

一番使い勝手がいいのが、モバイルSuicaですね。

これさえあれば、切符を買ったり値段調べる手間もないですし、消費税増税後は切符買うより安くもなります。

しかもオートチャージにしておけば、改札で止められることもない、ラクラクです。

そしてSuica払いは対応している店が多い(JRのエキナカおよび自販機は勿論として、主要コンビニは全部対応)ので、財布出す必要もなければ小銭もいりません。

時短に役立ちます。

そして何より、クレジットカード登録するのでポイントたまっていきます。

コンビニの支払いで少しずつたまっていくのは、塵も積もれば山となるの体現です。

おサイフケータイは支払いだけじゃない:ポイントカード

主に対応しているのが家電量販店ですね。

あまりポリシーがなく、近いところ、安いところで買うのですが、ヤマダ電機やヨドバシカメラ、ビックカメラとポイント還元の店にポイントカードを持たずに行くのは勿体ない。

とはいえ、めったに使わないのが3枚財布を占拠するのも耐え難い。

おサイフケータイに入れておけば、忘れることなくかざすだけ。

しかも、ビックカメラならスイカ払いもできるので、ポイント⇒決済までワンストップで行けます。

あと、地味なポイントですがマツキヨもいいですね。

おサイフケータイで印刷やQRコードいらず、電源OFFでもOK:飛行機

使う人は限られますが、実はコレが最もオススメ。

私はこのためにiPhoneとandroid(galaxy S3)を2台持っています。

飛行機に乗るときには、「スキップサービス」と言いながらもQRコードを事前に印刷する必要があったり、よくてPassbook登録して画面を出して…と手間がかかります。

おサイフケータイなら、最初にマイレージの会員番号を登録しておけば、それでOK。

入口のところでかざすだけでいいので、画面を出したり印刷したりの事前準備がゼロになります。

仕事で毎週のように飛行機乗っていた頃は、これにほんと助けられました。

時間のないビジネスマンには必須でしょう。

おサイフケータイで一番お得に支払いを:カード使い分け

こまごました話になりますが、コンビニではスイカを使うよりナナコを使ったほうがポイントがたまったりします。

最初の登録さえしてしまえば、別に財布の中をゴソゴソ探したりしなくても一発で使いたい、一番お得なカードを提示できるというのも、モバイル端末とセットだからの利点と言えるでしょう。

だけどiPhoneユーザーなあなたへ:Wi-Fi運用

おサイフケータイは都度通信しているわけではありません。

SIMを抜いたWi-Fi運用だってできるのです。

チャージをしたり登録の時だけ通信できれば、MVNOのSIMを入れる、ということさえも必要ありません。

コンパクトなのでXperiaの小型機が2台目にはちょうどいいかも。

iPhone6は大きいですしね。

ドコモなので、主要なMVNOのSIMも使えます。  

まとめ

  • 航空会社のスキップサービス+モバイルSuicaはビジネスマン最強のお供。
  • おサイフケータイは、通信しないSIMなし(白ロム)で使える。
  • オートチャージならWi-Fiさえいらない。

こんなに決済インフラが整備されてる国なんてないので、日本人はもっとおサイフケータイ使えばいいと思います。 

 こちらもどうぞ