目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

Galaxy edgeは期待の変態端末になれるか

明日、10/23はドコモおよびauからGalaxy note edgeの発売日ですね。

今期のサムスンは、activeとedgeというところで、iPhoneとの真っ向勝負を完全に避けて投入してきましたね。

いわゆる「イロモノ」端末です。

きっと日本では売れないでしょうが、(個人的には使ってみたい)発想として面白いものではあります。

Edgeはどうなっているのか?

曲面ディスプレイの活用で、スマホの側面に通知が出るようです。

スリープ状態でも、側面だけがついて通知や時計を見ることができます。

カメラを起動して写真を撮るときに、側面のボタンを押すことができます(セルフィ対応!)。

何が使いやすいのか?

自撮りがしやすいとか、通知が見やすいとか…

正直かなり苦しいのではないでしょうか。

というか、マーケティング的に生活提案なしに「これが何に使えるか?」「本当に便利になるのか?」ということを考えなければいけない時点で普及はしないでしょう。

実は過去に合った発想:SHARPの初期スマホ

通知を見ることができるというのは、過去のSHARPスマホですでに出ていますね。

IS03ですが、画面の下の部分がモノクロで常時表示、電池の消耗を抑えながら時計を確認することができる、と。

これについては、当時ガラケーからの移行のユーザーが大半だったことを考えると、正当進化ですね。

二つ折りのケータイでも時間を確認するために背面ディスプレイでてましたし。

ただ、時計に関しても通知に関してもなんだかedgeは今更…という感じがあります。

最近のスマホは電池の持ちもよくなってきたので、時間の確認のためディスプレイをつけるのに抵抗があるって人も少ないのでは。

galaxy edgeはテストマーケティングとしても失敗だ

今回は実ユーザがどういう使い方をするかのテストだ!と考えてみても、無理ですね。

特に、最初の発売が日本という時点でアウトです。

テストマーケで普及させるには、価格を抑えて数を出さないといけませんが、日本のスマホ販売は通信キャリア(ドコモ、au)の主導で行われます。

価格統制ギリギリの駆け引きがあるのでしょうが、実質の価格決定権をキャリアが握っています。

現に、今回のEdgeについてもドコモでは元値約9万円、実質負担機種変で6万円強の値段。

auは実質負担4万円強。

同じ商品の値付けを変えられるのが不思議ですね。

というか、iPhone6を実質負担金0円で買えるのに、イロモノのedgeを6万円出して買う人がどれだけいるのでしょう。

他国ではまだiPhoneは高級品ですが、日本の売り方だとiPhoneが一番安いという状態ですから、勝負になりません。

GALAXY S6edgeは両側がスクリーンに