目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

iPadairのリファービッシュ(整備済製品)を買ってみた

iPad air2とmini3が発表されましたが、あえてairの初代を買うことにしました。

理由は単純で、新しく買うほどの進化を感じなかったことと、airがもともと気になっていた上に今回の発表で安くなったから。

まさに買い時。

さらに、普通に買っても面白くないので、今回はリファービッシュにチャレンジすることにしました。

リファービッシュとは、初期不良品などをappleが回収し、修理・外装及びバッテリー交換の上で割引販売するもの。

通常のapple製品と同様、1年間の保証もつきます。

リファービッシュ品iPad購入の手続き

10/20にapple store(オンライン)で購入しました。

普通の製品買うのと変わらないですね。

モデルと容量、カラーを選んで、住所やクレジットカード情報を入れるだけ。

価格は36,400円(税込で39,312円)でした。

消費税高いですね…4万円超えないようにこの値付けにしたのか?と思えるくらい。

air2だと53,800円(税込で58,104円)なので、2万円の価値を新しいiPadに見出せるか否かですね。

iPad購入後のフロー

時系列で書いていきます。

  • 10/20:購入手続き
  • 10/21:出荷完了のメールが届く
  • 10/22:深センから発送中
  • 10/23:ADSC支店
  • 10/24:届いた!

中国の工場から発送されるようです。

ADSCとはAppleDeliverySupportCenterで、品川にあるみたいです。

ようやく日本に来たか!

なお、フィルムのほうが先に到着した模様。

受け取りと同時にSMSきてびびる。 

到着後はこちらから…