読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

罠のある楽天でんわ無料プランを使ってみたが、LINE電話で事足りる

スマホ/IT 料金 LINE

以前、楽天電話の無料プランに罠があるという記事を書きましたが、机上の空論振りかざしていてもいけないので、実際に利用してみました。

罠の内容おさらい:

  • 3分以降は20円/30秒とドコモ等の一番高い料金と同水準
  • 通常の10円/30秒のプランには切り替え不可

結論:精神衛生上もLINE電話のほうが安心

楽天でんわを実際に使ってみた

利用その1:友人と行く店の予約

2回利用して、確かに2分半程度でおさまりました。

ただし、ひやひやしたのが予約の確認で保留にされたり、名前を聞き返されたり、確認で復唱されたりするとき。

これで3分超えないかな~というのは結構不安の種。

利用その2:電話での通販注文

見事にオーバー。

5分超の通話になりました。

複数件の発注をしたことと、本人確認のプロセスが仇になりました。

楽天でんわ、3分の無料通話をオーバーしたら

5分超とはいえ、かかる料金は60円。

これがもし、最初からLINE電話にしていたら15円。

…店の予約をLINE電話にしていたら、9円×2回で18円。

3回合計でも33円と、1回のオーバーで楽天電話のメリットが帳消し、大きくマイナスです。

表にすると、こう。

f:id:cvmer:20141023112130p:plain

固定電話にかけるんだったら、3分を1秒でも超えた時点でアウト。

ケータイなら5分ですが、長話するならLINEで無料通話できるわ、と。

グラフにすると、こう。

f:id:cvmer:20141023112233p:plain

圧倒的に高くなっていくことが目に見えますな。

LINE電話のメリット

固定電話に掛けるならLINE電話が格安です。1分3円ですから。

さらに、店によっては無料通話が使えるところもあるので、そこであれば時間気になりません。

しかも、通話する直前に無料かどうか画面に表示されるので、安心して使えます。

不動産屋とか、民宿はかなり無料通話対応が多い印象でした。

ケータイにかけるとしたら、LINEのトーク画面から無料通話ができるので、そちらでいいのではないでしょうか。

なによりも、楽天電話だと3分を1秒でも超えたらオトクにならないので、少し会話が長引くとソワソワしてしまいます。

それよりはLINE電話が明朗会計でいいのではないでしょうか。

LINE電話の利用実績

私の場合だと、5月に300円分チャージして、まだ30円ぶんくらい残っています。

比較的電話もかけたつもりなのですが、たくさんかけた店舗宛の電話は無料通話の対応店舗だったこともあり、思った以上に残っていますね。

チャージ金額の利用期限は6か月なのですが、チャージ金額も複数種類あるので使い分けできそうです。

なお、300円チャージすると310円使えて、昔のテレホンカードみたいです。

(というか、使い残しを考えると同じビジネスモデルですね)

追記:楽天でんわに対して考えが変わりました