目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

スマホの頭金は不明瞭な暴利を貪っている

今や9万円くらいの価格を平然と提示しているスマホ。

チラシに躍るのは、「実質負担金0円」とか、「お持ち帰り価格0円」とか。

実質って何?お持ち帰り以外に価格はあるの?と思います。

中でも、頭金って意味が分からないですよね。

分からないのが当然です、一般用語と違うように聞こえが良くしてあるだけですから。

ケータイ購入の支払金額の仕組み

大手キャリアからケータイを購入した時の支払いは、大きく2種類に分かれます。

  1. 端末代金(iPhoneとかXperiaとかの本体代金)
  2. 通信代金(通話・メール・インターネット)

昔であれば、ドコモショップに行ったときに①の端末代金を支払って、毎月の料金は②の通信代金を払っていくモデルでした。

0円ケータイの覚えがある人もいるでしょう。

しかし、2007年にこれが新しいモデルに切り替わりました。

ケータイの価格が5万円オーバーに

今まで0円ケータイがあったのは、0円で販売しても毎月の通信料金で元がとれるや!という理由です。

しかし、ここに総務省から規制が入りました。

「バラバラにするのは許さない、きちんと端末と通信の支払いを分けろ」

そのため、端末代金は定価販売、およそ5万円程度の支払いが必要になりました。

一時的な費用が大きくなったため、代わりに分割支払いが認められるようになりました。

理念を守らずルールを守った

ルールとしては、「端末代金の値引き」ができません。

そこで、ソフトバンクが先陣を切って導入したのが「月々割」です。

※これは月々サポート、毎月割という名前でドコモ、auも追従しました。

端末代金の値引きはできないので、端末代金に相当する金額を②の通信代金から値引きする、というトリックです。

ユーザーとしては、①も②も合算して支払いをするので、値引きをしたようにしか見えませんでした。

これは、いいように見えますが罠があります。

当時のドコモ、auのケータイの価格は5万円前後。

ソフトバンクは9万円前後から、毎月の割引をする。

…最初の値段が高くありませんか?

さらに、途中で機種変更をしたり、解約をすると毎月の割引は消滅します。

これって、キャリアにとってはお得なことです。

2年間で4万円割り引くと約束して、1年で機種変したら割引は半額の2万円。

残りは丸儲け。

しかも、最初に価格を高めに設定して粗利をたくさんとれば、利益はもっと増えますね。

そういえば、機種代金ってどんどん高くなって「実質」の負担金で表示されていることが多くなっていると思いませんか?

一般的な頭金と分割金

価格の歴史を見てきたところで、頭金問題にいきます。

9万円のテレビを買って、分割払いするときを考えてみましょう。

回数と月々の支払金額を決めて、残りを頭金としてその場で払うのが一般的ですよね。

たとえば、5,000円の12回払いと決めて(5,000×12=60,000)、残る3万円を頭金にする。

ケータイ業界の頭金と分割金

ケータイ業界では、分割の回数と金額はキャリアによって決められています。

しかし、価格統制はできないので、「頭金」と呼ばれるものが上乗せされます。

これを「お持ち帰り価格」と呼んでいる店舗もありますね。

たとえば、ある機種は3,000円の24回払い。

これが基本となって、各店舗が頭金を自由に設定しています。

ドコモショップやauショップも一緒でしょ?とは言えません。

ケータイの販売店は、直営店ではなく商社・メーカー等の代理店が運営しています。

そこが利益をとりたいだけとっていきます。

頭金は二重価格か

店舗によって頭金が異なるのは、よくあることです。

頭金は自由に設定しているので、オプションサービスに加入したら0円、しなければ7,000円といったように抱き合わせ販売も生じています。

一応、高い金額を払えば購入できるので法には触れない?のですが、正気の沙汰とは思えません。

対抗策:SIMフリー端末

前述の総務省の理念は正しいです。

「端末価格と通信価格は分けるべき」

しかし、ルールに抜け道があったため、今はより渾然一体となった、グチャグチャな状態です。

SIMロック解除とかそういう問題ではありません。

解除しても、キャリアが端末を売る以上この問題は避けて通れません。

結局、スパっと分けるのであれば、これだけですみます。

  • 端末はSIMフリーのものを定価(or型落ちを安く)で購入する
  • 通信キャリアとMVNOから、使い方に合った料金・サポートの通信SIMを選ぶ

今は、SIMフリー端末の選択肢が徐々に広がってきました。

iPhone(applestore版)、NEXUS(ASUS/LG)、Zenfone(ASUS)、Ascend(HUAWEI)…

しかし、マイナー端末が多いです。

だから私はもっとSIMフリー端末の選択肢が増えるために、技適による認証を緩和して、多くの端末が手に入る環境を整備すべきだと考えています。

通信業界において解決すべき問題はまだまだあります(2年縛り、定額強制、独自サービスetc)が、まず大きなねじれを解決することが重要です。

通信と、端末代金。

ここらでしっかり切り分けませんか。 

関連記事