目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

LINEが980円の国内通話定額を限定導入:ユーザーはバカにされている。

日経の報道と、LINEのブログによると、980円で国内通話定額のプランを限定で出すそうですね。

11/5まで、かつ5,000人の限定で。

ケータイに70分通話しますかね?LINEの回線で。

980円は安いのか?

はっきり言います。

高いです。

キャリアの2,700円カケホーダイがあるから一瞬安く映りますが、そもそもLINEでの電話に満足している人は、通常のLINE電話が使えます。

  • 固定:3円/分
  • 携帯:14円/分
    ※LINEの友達は無料

一番高額になるシーンとしては、LINEで友人になっていない相手のケータイに対して70分間電話する、というシチュエーション。

なかなか考えづらくないですか?

もしくは、固定ばかりだと326分=5時間半。

このご時世にそんなに電話するのでしょうか。

忘れちゃいけない、音声回線ではないこと

100歩譲って、かけるとしましょう。

ビジネス利用ですかね。

しかし、LINE電話は楽天電話やキャリアの電話と大きな違いがあります。

それは、データ通信の回線を利用する、ということ。

音声回線であれば、各キャリアの圏内であれば問題なく通話ができますが、データ通信となると速度の問題があります。

LTEでないエリアであれば品質は下がりますし、Wi-Fiでも安定しない場合もあります。

さらに、真偽のほどはわかりませんが、親会社がNAVER社(韓国拠点)である以上、傍受の可能性は否定できません。

ビジネスで使うには不向きと言えるでしょう。

※LINEの森川社長が本人のブログで否定していますが、こういった内容はプレスリリースであるべきですよね。

事実であった時にも、「社長個人の見解だった」と逃れられますし。

楽天といい、大手の話題作りがお盛ん

楽天でんわの3分間無料も、結局は期間限定のキャンペーンです。

そして、目的は初回登録・利用から通常のプランを継続的な利用してもらうこと。

単なる話題作りですね。

本来であれば広告を有料で出すところ、賛否ともあれ話題になれば広告効果があってラッキーというところです。

ちなみに私は、LINE電話は利用していますが、これはいかがなものかと思います。

この半年でようやく300円を使い切るくらいのペースです。

本来であれば、LINE電話安いよ!ってプロモーションしてるんですから、それを定額にするという時点でそんなに安くないということが分かります。

バカにするのも大概にしなさいよ、というのが今回の結論です。 

関連記事