目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ドコモの増益シナリオ崩れるか:Umobileから高速無制限SIM

ドコモの大幅減益決算と奇しくも同日に、MVNO(格安SIM提供)のUmobileから面白いプランが出てきました。

  • データ通信(LTE使い放題):2,480円
  • 通話+データ(LTE使い放題):2,980円

今までも、ぷららモバイルLTEで、3Mbpsの制限で使い放題2,980円のものがありましたが、「カタログスペックでは」軽く超えていくものになります。

Uモバイルに対する不安点

LTE使い放題、最大150Mbps、ドコモ回線の利用で2,980円。

これだけを聞くと、夢のようなプランです。

ドコモだと、通話は使い放題ですが通信は2GBにおさえても6,500円ですからね。

電話番号の付与があって半額以下というのは魅力的な水準です。

反面、気になるのは「ベストエフォート方式」ということ。

ベストエフォート方式とは?

理論上の上限値、のことです。

そもそも、主要キャリアでも150Mbpsの高速通信をうたっていますが、実測で10Mbpsでたら奇跡の水準です。

※筆者の肌感覚ですが。

特にMVNOは、ドコモから回線を借り受けたうえで多くのユーザーを同じところにつっこむので、ユーザーが増えれば増えるほど速度は低下しますし、品質の担保は会社によって異なります。

(広いスペースを用意する会社と、最低限に留める会社がある)

Umobileの会社としての誠実さと、申し込みが殺到するか否かにもよりますが、高速通信使い放題は机上の空論になる可能性も高いです。

Umobileのプランが示すMVNO未来図

今回のプランで大きいのは、低利用、従量課金が主流であったMVNOに、定額使い放題の流れが起きうる、ということです。

スマホの高機能化と、データサービスのクラウド化によって、通信料は今後増大していきます。

そうすると、従量制であれば(ガラケー時代を思い出してください)いつしか青天井になるか、使い方を抑制するほかありません。

せっかく便利な使い方をできるようにデバイスが進化しているのに、通信については遡っています。

これは、ドコモ・au・ソフトバンクといった主要キャリアも同様の流れです。

※7GBのパケ・「ホーダイ」に始まり、データパックは既に従量制

ドコモの増益シナリオが果たせるか

昨日(10/31)のドコモ決算発表では、約2,000億円の減益見通し決算でした。

主要な影響は新料金プラン。

しかし、今後の増益見通しとしては、以下の通りです。

  1. 現状、値下げになるユーザーが中心に加入している
  2. しかし、利用するデータ通信料は増加傾向にある
  3. 今後、データパックの大きいプランに加入するユーザーが増える
  4. だから、今後は利益が回復していく

なお、利益回復のもと、つまり値上げになるユーザーのことは「ポテンシャル層」と呼んでいます。

※これは怒っていい表現だと思います。

②までは納得できます。

クラウド普及してますしね。

ですが、値上げになるとわかっていて素直にドコモの料金プランを選ぶでしょうか。

半額以下(もう少し高い水準で高品質があればベターですが)で使い放題の選択肢があれば、電話はしないけれどデータ通信はたくさんする、という現代的ビジネスパーソンを中心に、流れる可能性が高いのではないでしょうか。

 

ドコモの増益シナリオは、データ利用は増えるから、みんなそのままドコモで機種変すれば値上げ受け入れで利益あがるぜ!という話です。

競合を他2社(au、SB)だけで捉えて、どうせ料金は横並びという前提が崩れてきていることに、そろそろ目を向けるべきです。

高速無制限SIMが、風穴を開けてくれることに期待ですね。