目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

2,000億円の増益からの研究開発はテスラを超えるか【トヨタ決算発表】

通信事業は全社とも利益額が大きいですが、日本最大の利益、まさに一兆円企業はやはり自動車の雄、トヨタですよね。

日頃はスマホやIT系の記事を書いているブログですが、ここ数日で通信3社の決算にふれたので、日本の代表企業の決算にもふれておきます。

しかし、提携関係をみていると、KDDIはトヨタ系ですし、ドコモは日産と組んで仕事してたりしますよね。

ドコモの商品発表会では、バックミラーにモジュール搭載して情報を表示する、なんてやってましたし。

新興勢力ではテスラモーターズなんかは、タッチパネルを大きく搭載しており、クルマの世界にUI/UXの概念を持ち込んでますよね。

今後の発展にはクルマ×ITを忘れてはいけないかと。

サマリー

  • 営業利益1兆3,519億円(前年同期比+964億円)
  • 中間配当は75円(前年同期比+10円)
  • 為替変動の押し上げ効果は700億円
  • 日本国内での販売は減益

所感

■金額規模

国内、アジアは1,000億円規模の減益なのですね。

しかし、それを上回る利益を北米・欧州でたたき出す、と。

カウントのやり方はあれですが、ポイントは為替差益なのですかねぇ。

製造業に関しては、長い円高という冬の時代を「カイゼン」で耐え忍んできたので、この円安で思い切り外貨を稼いでいただきたいですね。

競合他社のマツダ、スバル(富士重工)も軒並み最高益ですし。

■企業姿勢

研究開発費と設備投資を大幅に積み増しています。

生じた利益は今後の生産に向けた投資に回す、おそらく最も利回りのいい使い方ですね。

※ドコモのように八百屋や料理教室買ったりはしないでしょうし

前書きの部分で触れましたが、いわゆる重厚長大の自動車業界には新しい風がきています。

心地よい自動車の条件は、走る喜びから変化しつつあります。

  • いかに安全に走るか(自動運転)
  • どうやって情報をとるか(カーナビ⇒???)
  • 環境に配慮した自分ブランディング(エコカー)

 エコカーやUIに関しては、テスラモーターズを抜きに語ることはできません。

ノートパソコンと同じ電池で車を走らせる、そんな存在です。

クルマ×進化:テスラモーターズの存在感

 大阪に出店するというテスラモーターズですが、経営者のイーロンマスクが規格外の方でワクワクします。

12歳で商業ソフトの開発・販売し、その後Paypal社を創業・売却。

(この時点で3,400万ドルを手に入れる)

ここからです。

上記の資金で宇宙開発のためのSpaceX社を創業し、民間ロケットを開発。

電気自動車会社のテスラモーターズを設立。

CEOであり、技術者である。

十分に資産をもっていて、それで世界を変えたいという姿勢です。

ミッションをもって動く人は、本当に世界を変えるんではないかと思っています。

(若いころ、PaypalのころはCEOから追い落とされるなど、脇が甘いところもあったようですが、それを経て連続創業で強さを増しているのでしょう…)

未来を変える天才経営者 イーロン・マスクの野望

未来を変える天才経営者 イーロン・マスクの野望

 

 

関連記事