読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

売れるスタンプ、コミュニケーション起点で考える10類型

ビジネス/コンサル マーケティング LINE

周囲の大半が利用しているLINE。

ユーザー数としては5,000万人以上、DAU(DailyActiveUser=毎日使う人)は、国内で3,000万人を超えるとのことです。

※出典:LINEを利用した最新マーケティングセミナー(2014年6月)

その中でも、一般人が利益をつかむチャンスがある、現代のゴールドラッシュことLINEクリエイターズスタンプ。

誰でも申請ができる一方で、40個のスタンプを作るのはハードルが高い。

そして、1万円の売り上げ=200件の販売がないと収益にならない。

どうすればスタンプのアイデアを得られ、かつ売れる見込みが立つでしょうか。

分解して考えていきます。

スタンプを類型化する

LINEのスタンプ販売には、ちょっとしたステップがあります。

案出し、作画、申請、許諾で販売開始です。

ここでは、最初のステップである「案出し」について述べますね。

40個のスタンプの案というと、なかなか途方にくれます。

しかし、大きな目標を達成するには、小さいことに細分化していくことです。 

売れるためのプロモーション

LINEで売れるスタンプを作るには、華美流麗な絵が必要なのでしょうか。

それとも、有名なイラストレーターが描いていることでしょうか。

そのどちらも正解ですし、それができる方は実行しているでしょう。

しかし、それだけでなく戦略的に作っていくことも重要です。

買ったはいいものの、使われないスタンプは広がりがありません。

日々アクティブに利用されるのが重要です。

なぜかというと、使ってもらうこと=プロモーションの場です。

友人が使っているスタンプを購入して、お互いにコミュニケーションで送りあえることが母数を広げ、クリエイターとして上位に浮かんでいく道です。

コミュニケーション起点の類型化

それでは、40個を10類型×4種類で作るにあたっての類型です。

※今回は、私がよく利用するスタンプをもとにKJ法で類型化しました。

※4種類は目安なので、作りやすいように加減してください。

  1. あいさつ
    おはよう、おやすみ…など

    f:id:cvmer:20141113103127p:plain f:id:cvmer:20141113103142p:plain

  2. お願い
    頼みがある、あれやって…など

    f:id:cvmer:20141113104517p:plain

  3. 返信を促す
    既読、こっそりみる…など

    f:id:cvmer:20141113103417p:plain  f:id:cvmer:20141113104141p:plain

  4. 返事
    YES、NO…など

    f:id:cvmer:20141113103453p:plain

  5. 待ち合わせ
    遅刻します、つきました…など

    f:id:cvmer:20141113103616p:plain

  6. 言いにくいこと(怒り)
    許さない、もうするなよ…など

    f:id:cvmer:20141113103712p:plain

  7. 言いにくいこと(恋愛)
    好きだよ、キスしたい…など

    f:id:cvmer:20141113103758p:plain f:id:cvmer:20141113103806p:plain

  8. 言いにくいこと(カッコイイ台詞)
    俺がいるよ、よしよし…など

    f:id:cvmer:20141113104042p:plain f:id:cvmer:20141113103929p:plain

  9. ストーリーが作れるスタンプ
    複数組み合わせてマンガができるものなど

    f:id:cvmer:20141113104421p:plain

  10. 理不尽/意味不明
    使うシーンがないけれど、相手からのツッコミ待ちができるもの

    f:id:cvmer:20141113104537p:plain

個人的な好みと現実

上記の類型のもとにさせていただいたのが、あざらしさんスタンプです。

画像利用も快く許可いただき、ありがとうございました!!

■あざらしさんスタンプ(©グレーさん)はコチラから

実はこれが最初に購入したクリエイターズスタンプです。

これは非常に使い勝手がよく、楽しく、いつしかあざらしファンになっていました。

友人に送りまくって、購入に至ったのが数件。

おそらく、友人も私も次のスタンプが出たらすぐ購入するでしょう。

そのような、満足度の高いスタンプをこちらを元に作成し、マーケットが活性化したら望外の喜びです。

効果が出たらこっそりと教えていただけると喜びます。