目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

楽天が支払いを楽天銀行に一本化:コトの本質は?

出店していないので知らなかったのですが、11/13から楽天市場の出店店舗は楽天からの支払銀行口座が楽天銀行に強制指定されたのですね。

にわかに注目を浴びたのが、サウンドハウス社が「日本の商慣習ではありえない」として楽天から撤退したとか。

市場の主が口座を指定することには問題ないと思うのですが、それ以上のことが隠れているんですよね。。

楽天銀行を指定する楽天の思惑

今回、楽天銀行の支店は「楽天市場支店」という名前で、出店店舗だけが利用できる支店を作っています。

公式アナウンスには、偽の店舗で詐欺が生じるケースがあるので、確認の取れている店舗が利用する振込先を用意することで、ユーザーに安心して使ってもらえる環境を整えることだといいます。

これはきちんとした理屈ですね。

ただし、楽天銀行の法人版だと、どこに振り込むのにも手数料が発生します。

今回の施策で楽天が儲けることはない、とアナウンスしていますが、ずっと口座に溜め込んでいくことが現実的でない以上、楽天が儲かることは疑いようのない事実です。 

サウンドハウス楽天離脱の思惑

あまり大きく反発する理由もないと思います。

現にほかの店舗から何か出ているわけでも(今のところ)ないですし。

どちらかというと、ECコンサルタントと称する楽天社員からの口出しや、抜かれる手数料の多さに嫌気がさしていた。

そこにきて大きな変化が来たので、ついでに名前のプロモーションができたら儲けもの、くらいではないでしょうか。

正直なところ、全くの無名店舗は楽天の名を借りて商売することにメリットがありますが、サウンドハウスは他にもリアル・ネットの両店舗もってますし、あまり楽天に抜かれながら商売するメリットがないのですよね。

楽天vs店舗、トラブルの本質

商慣習として、口座を指定することがありえない…とは言えないです。

今回「おかしい」といえるのは、出店店舗の口座を自動で強制的に「開設」したことでしょう。

これで楽天銀行の口座数は飛躍的に増えますね。

自分の意志で口座を開いて、それを使ってくださいね~というわけではないのですから。

※サラリーマン的な話をすると、給与の支払口座は銀行指定の場合がありますよね。
会社からすると、無用な振込手数料を払いたくないので。
しかしその場合でも、基本的にはメジャーな銀行を指定する、かつ口座を自分で用意してね~なのでトラブルはないかと。

楽天経済圏の構築

経済圏を構築する、プラットフォーム化することの恐ろしさですね。

代替の選択肢があれば、そこから離れるということができるのですが、独占に近くなればなるほどそこから抜けられなくなります。

手数料を上げられたり、今回のような銀行からの出金で手数料がかかるようになったり、じわじわと「値上げ」を強いられても茹でガエル状態で飛び出せません。

狙いとしては、受け入れて楽天銀行を利用するようになり、そこから他のサービスに波及させていこうということでしょう。

相手方が信頼できる会社とは言いませんが、Yahooショッピングには対抗勢力として楽天を牽制してほしいものです。

寡占市場の余談:どこかで聞いたお話

楽天は、出店店舗の日常利用に関わらず、楽天口座を強制した。

ドコモは、通話量の多寡に関わらず、カケホーダイを強制した。