目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

Galaxy Activeの実機を触ってみた【ドコモ2014冬春モデル】

過去にちらちらと見に行って、なかなか本体を触れなかったGalaxy Activeです。

ようやく実機を触る機会を得られました!!

しかし、ドコモショップにはおいてなくて結局ビックカメラで触ることになるとは…

店舗の役割っていったい何なんでしょうね。

ボタン操作・外観

特徴としては、防水防塵耐衝撃で、まさに「アクティブ」に利用できることですよね。

そんなシーンでも使えるように、ホームボタンの横、通常ソフトキーになっているよう「戻る」「メニュー」が物理キーになっています。

押しやすさについては、可もなく不可もなく…というか、実に普通。

外観は迷彩と、ちょっとざらついて滑りにくい仕様になっています。

少し大きめサイズですが、思ったよりは分厚くない(auのTORUQUEやG'zONEを想像していた)ので、割と使いやすいサイズだと思います。

画面の動作

これは前回「Galaxy S5と一緒です」とあしらわれていたのですが、確かに印象はあまり変わりません。

きびきび動くし、画面もいわゆるGalaxyの特徴ではっきりくっきりですね。

ここは好みが分かれるところだと思いますが、私はあまり好きな色づかいではありません。

発色を綺麗に見せようとしすぎて?少し不自然に思えます。。

画面の切り替えやスクロールでがたつくこともなく、安心して使えますね。

誰がターゲット?

とはいえ、普段はタッチパネルなんですよね。。

さすがに試せなかったのが、水にぬれた手や、泥にまみれた手、砂が画面についていた場合の挙動ってどうなるの??ということです。

一番多いシーンは水なのかなーとおもいますが、建築現場で働く人やなんかは砂や泥がある状態で「使えるか」ってところも重要なのかと。

頑丈・無骨なら、タッチパネルじゃなくてもっとキーボード・ボタンを増やしてもいいんじゃないかと。

結局、私が認識したターゲットは、現場作業中は持っているだけ、電話するだけ…くらいの使い方の人。

もしくは、単に使い方が荒い・家に帰ったらケータイぽーいと放り投げるような人、ですかね。

タフネススマホの中ではスリムですし、使いやすいと思います。

サイクリングやランニングの時にポケットいれてても違和感ないですね!! 

関連記事