目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ガラケー(ドコモ)を通話目的で買うならカケホーダイつけちゃダメ

ドコモのガラケーを通話専用、スマホをMVNOのデータ通信で運用することがベストだと考えている今日この頃ですが、カケホーダイ押しのドコモでガラケーを買おうとすると、ちょっとした落とし穴がありました。

それは、カケホーダイだけでは割引がきかず、全体として高額になるということ。

ドコモでケータイを買うときには、ガラケーだと一括で3~5万円の機種代金を支払うことになります。

そこから、一定の条件を満たせば毎月の割引がもらえて、実質0~1万円になる…

一定の条件とは何でしょう?

ガラケーでカケホーダイにする場合は、パケットパック(3,500円~)と組み合わせることが必須です。

すなわち最低料金は6,000円からとなります。 

実は、ある程度ならカケホーダイよりも安くする方法があります。

ドコモ月々サポートの適用条件(ガラケーの場合の料金)

カケホーダイの新料金強制だ、と一部で話題になっているドコモですが、ガラケーは旧料金プランも選べます。

※正確にはFOMAなら、なのですが、実質FOMAのスマホがもう出てこないのでガラケーにまとめます。

新料金のキモになるのは、カケホーダイが強制になるだけではなくパケットプランの最低金額が3,500円と高額(の割に2GBしか使えない)なところですね。

けっこう凶悪です。

ドコモの月々サポート適用条件(ガラケー)

■カケホーダイ(新料金プラン)の場合

カケホーダイ+iモード+パケットパック

■無料通話つきプラン(旧プラン)の場合

各プラン(iモード、パケットはどちらでもOK)

ドコモの料金vs選べる自由、auの割引条件

ドコモに対して、auはガラケーの機種代金の割引はカケホーダイのみで受けられます。

パケットなしでいいので、維持費が安い!

毎月割をもらっている機種で、プラン変更してもOKです。

auの毎月割適用条件(ガラケー)

■カケホーダイ(新料金プラン)の場合

カケホーダイ(ezweb、パケットはどちらでもOK)

■無料通話つきプラン(旧プラン)の場合

各プラン(ezweb、パケットはどちらでもOK)

月々サポート適用時の最低利用金額(ドコモガラケー料金)

その差、実に5,000円

1,000円に満たないか、6,000円を超えていくかの2択です。

■カケホーダイ(新料金プラン)の場合

6,000円~

※カケホーダイ(2,200円)+iモード(300円)+パケットパック(3,500円)

■無料通話つきプラン(旧プラン)の場合

980円

※タイプSS、無料通話1,000円分(25分)含む

ガラケーN-01Gを新規で購入した場合の実際の割引金額

  • 機種代金:31,104円
  • 月々サポート総額:20,736円(864円×24回)
  • 実質負担金:10,368円

2万円も割り引いてくれるのですね。

しかし、2年間の総額で考えてみましょう。

その差、約12万円

■カケホーダイ

154,368円

(6,000円×24か月+10,368円)

■旧プラン

33,888円

(980円×24か月+10,368円)

ドコモでカケホーダイにするなら、月々サポート割引を諦めろ

そもそも機種代金はスマホと違って安めの設定です。

12万円もかかるなら、機種代の割引諦めましょうよ。

■カケホーダイ必須で、パケットを外した時(割引なし)

83,904円

(2,200円×24か月+31,104円)

どうしてもカケホーダイ必要なら、これでも十分かも。

そもそもメールしないんだったらパケット代金どぶに捨てるようなものですし。

ドコモの無料通話つきプランで損益分岐に達するには、毎月何分話せるか

見方を変えて、割引貰って旧プランにすると、どこまでプランをあげられるか、です。

2年で83,904円から、割引適用の機種代金10,368円を引いて、73,536円。

月当たりにすると、3,064円まで許容できます。

そうすると、タイプMバリューがいいですね。

毎月2,500円で、4,000円分の無料通話(142分)がついてきます。

2か月間繰り越せます。

また、プランの変更もできますので、よく話す月は四半期に1回タイプLバリューにもできます。

そうすると、料金は2,500×16+4,000×8=72,000円。

無料通話は単純に割り付けて、月当たり194分。

3時間以上話せるって、結構いい金額じゃないですか??

ドコモの新機種が欲しいなら、旧プランの高い料金でしのげ!

使い方にもよりますが、きちんと考えると無駄に高いパケットパックつけるより、お得な場合があります。

とりあえずはカケホーダイ+パケットパックじゃないとガラケーの割引ないよ、ということを覚えておきましょう。

あ、auはパケット不要です。

通話目的のガラケーと、データ通信用のMVNOの組み合わせがやっぱりいいですね。

MVNOもたくさん種類がでてきて、信頼感ならOCNモバイルONEや、安値でいったらDMMモバイルなんかがおすすめです。

参考:圧倒的にスマホ代を下げる:これだけ!格安SIMデビュー徹底ガイド 

参考:月々サポートとか2年縛りの解説記事 

2年縛りには2つの意味がある:ケータイ解約金を正しく理解する

ドコモの機種変更は要注意!カケホーダイ必須だよ

ガラケー(ドコモ)とスマホorタブレット(MVNO)の2台持ちが最強なのでは