目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

GRATINA(au)はandroidとの2台運用が楽

ガラケーとスマホの2台もちをしているとネックになるのが、荷物の多さです。

ガラケーはスマホに比べると格段に電池もちがいいうえに、予備扱いで、緊急連絡用…とはいえ、数日にわたる宿泊出張になると、さすがに充電器が必要になってきます。

ひと昔前のガラケー2台もち(やってました…ドコモの2in1が出て楽になりましたが)とは違って、スマホとガラケーの両方に充電器を用意するのはさすがにつらい。

そこでauのGRATINAです。

auガラケーGRATINAは、andoroidスマホ同様のmicroUSBで充電

GRATINA、スマホ全盛期にあって発売されたガラケーです。

ポイントは、ガラケーにも関わらずandoroidスマホ同様のmicroUSBで給電できるところ!!

これなら、android用の充電器や、予備バッテリーがあればそれをガラケーにも転用できます。

バッテリーパックがスマホよりも小さいので、充電にかかる時間も短い。

そもそも、GRATINAは電池もちはかなりイイです。

待ち受け専用に放置して2週間くらいたつのですが、まだ電池アイコンは2(3個中)も残っています。

もしもの備えとしては、本当に優秀ですね。

auガラケー通話のみのプランでも毎月割が適用

ドコモのガラケーについて調べたときに分かったのは、ドコモはカケホーダイをつけた場合、月々サポート(機種代金の割引)を適用するにはパケットパックが必須とのこと。

これでは最低運用が6,000円~となり、残念なことになります。 

それに対してauは、通話定額オンリーで割引適用なので2,200円~となり、そこに割引が入ります。

機種変かMNPかにもよりますが、300~1,000円の割引になりますね。

GRATINAのMNP一括0円はMARVELAよりお得

機種変更だと毎月割もそんなにないので魅力は薄いのですが、真価を発揮するのはMNPです。

町のケータイ屋さんでやってるのが、一括で0円、しかも毎月の割引有りという夢のようなプラン。

時期にもよりますが1,000円前後の割引がつくので1,500円弱でカケホーダイは魅力的。

GRATINAより新しいガラケーでMARVELAというものもありますが、こちらは毎月割が低く500円前後なので、機種にこだわりなければ当面はGRATINAがいいのでは。

※2014/11/26現在

モバイル関連が好きな方はとかく荷物が増えがちですが、賢く使ってできる限り荷物を減らしていきましょう。 

こちらもどうぞ