目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

MVNOにTSUTAYA参入のCCCモバイルで、直近のモバイル志向の謎が解けた

TSUTAYA運営のCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)がCCCモバイルを設立し、MVNO参入及び端末の企画開発まで実行するようです。

最近のサービスでは、Tチケット、Tマネー、Airbook…と、モバイル親和性が高いものをどんどん発表していました。

モバイル事業に参入するための布石だったわけですね。

果たして、MVNOはそんなに儲かる、ドル箱なのでしょうか。

CCCモバイルのMVNO参入、TSUTAYAmobile

会社名がCCCモバイルで、サービス名称がTSUTAYAモバイルですよ、と。

まずこの時点で顧客志向じゃないことが透けて見えますね…。

TマネーとかTポイントモバイル対応とかいろいろやってましたが、どれも絶妙にソレジャナイ感を漂わせてくれました。

今回もご他聞に漏れません。 

 

イオン、TSUTAYA、日本郵便…がMVNOに参入する意義

日本郵便のMVNO参入の際にも記事を書きましたが、MVNO業界において「実店舗をもつ大企業が、対面販売の場をもつこと」が非常にキーになります。

いくらMVNOの先駆けたる日本通信ががんばったとしても、インターネット購入しかなければ、また実店舗が細々とした運営では、裾野が一番広がる低利用で詳しくない層に全く届きません。

そういったユーザーは、MVNOの存在自体イミフメイ、という状態ですから。

しかし、有名どころの実店舗で安いスマホが買えるとなると話が別です。

TSUTAYAで、イオンで、ふらーと商品見ていたら、なんかスマホの月額料金が安くなる、と。

分からなければ、店員さんを捕まえたら快く(かは未知数ですが)対面で説明が聞ける。

これは安心感を与えるうえで非常に大きいですね。

シニア層は郵便局、若い世代はTSUTAYA、主婦はイオン…とすみ分けられそうです。 

 

CCCモバイルの端末開発は愚策、イオシスを早く切るべき

これは失敗するな、と直感的には思います。

端末の販売は必要だと思うのですが、それを自社開発にこだわると負けますね。

それでなくとも、ZenfoneやAxcend、NEXUSといった優良なSIMフリー端末が販売されているご時世です。

1年前のSIMフリー機なんて怪しい低スペック中国機しかなかった状況とは全く異なります。

SIMフリー機がないなら、端末開発やむなしですが、現状考えるとここは早めに損切りしたほうがいいように思いますね…

ioPhoneというiPhoneのパクリ機を堂々と出すような会社と資本提携したようですが、早く切ったほうがいい。

せっかく実店舗販売で信頼を売れるチャンスなのに、それをみすみす逃す羽目になります。

生活情報を握りたいTSUTAYAことCCC

報道発表では、生活における購買行動をシームレスにつなぐ…というようなことを言っています。

CCCの目標は、個人情報をシームレスに販売につなげることでしょう。

小さいところでやっていても失敗しますけどね。

TSUTAYA系列でしか買い物しないなんて、そんな奇特な人は存在しないのですから。

経営幹部とかになると、そういう理想論に騙されてしまうんですかね…

そして、結局ワリを食うのは消費者サイドになりますが。

最近のTSUTAYAが、チャレンジはあるのですが大手通信キャリアの劣化コピーに商業主義をミックスした悪夢のように見えて仕方がないのです。 

こちらもどうぞ