目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ボーナスもあるし、仕事用品のクオリティを上げてみたらどうだろう

早いもので、師走の時期になりました。

なんとなく忙しいですが、サラリーマンにはボーナスと給料日が両方くる12月、なかなか心が躍るもの。

※経営側になるとなかなか心が躍らないものですが…

せっかくならば、仕事への好循環をということで、私が仕事で買ってよかった!と満足したものをご紹介。

実は、全部買っても1万円しません。5千円くらいかな…?

これぐらいの投資でも、日々の仕事が少し進めやすくなりますし、周囲の目もちょっと変わります。

ボーナスはきっかけとして、ご紹介です。

ワイヤレスマウス(Logicool)

会社で支給されるのは、たいていメーカーのPC買ったときについてくる付属品のマウスだと思います。

机もそんなに広くないでしょう。

そもそも、配線があることで机の整理がしづらくなるのです。

席替えがあるときも同様。

マウスをワイヤレスにすることで、配線のわずらわしさから解放されます。

しかも、部署異動でPCが変わった場合でも、私物なので操作感を損ねずすぐに仕事に取り組めます。

ボーリングでのマイボールと同様、道具にこだわるマイマウスっていいですよ。

ロジクールのマウスだと、電池の持ちもいいですし、バランスよくて使いやすいです(USB端子を1つ塞ぎます)。 

LOGICOOL ワイヤレスマウス ダークシルバー M325tDS

LOGICOOL ワイヤレスマウス ダークシルバー M325tDS

 

 BluetoothにPCが対応しているなら、こちらが高機能で便利です。

USBも塞ぎません。

私はプライベートでwinタブに使っています。 

LOGICOOL Bluetoothマウス m557 グレー M557GR

LOGICOOL Bluetoothマウス m557 グレー M557GR

 

 

ワイヤレスキーボード(Logicool)

導入する理由はマウスと同様です。

しかし、マイキーボードをもってくると一気にプロっぽくなります。

プロっぽさもそうですが、実際キーボードって慣れてるかどうかで打ちやすさが変わってくるので…

配置もたまに違うのありますしね。

このワイヤレスキーボードのいいところは、何しろ価格が安い。

2,000円程度なので、割と気軽に試せます。

そして、マウスとキーボードをワイヤレスにすることで、仕事終わりの机の整理が格段に楽、かつきれいになります。

机の整ったしっかりした奴に見えます。 

LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270

LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270

 

リーガルパッド(OfficeDEPO)

毛色を変えて、アナログな道具です。

黄色い紙の、罫線は言ったレポート用紙みたいなもの。

普通に使う資料は当然ながら白ベースでしょう。

それをファイリングするに合わせて、自分のコメントやメモを黄色の紙で挟んでいきます。

正式な資料と自分のコメントが分けられて、頭の分類がスッキリします。

また、上にミシン目がついていて気軽に破れるので、複数案件を同時に抱えていても破ってファイリングできるのもメリット。

あと、あまり周りに使ってる人いないので、自分のものだとすぐにわかります!!

オフィスデポのが、安くて惜しみなく使えます。 

 

ちょっといいボールペン(PARKER)

アナログ第二弾。

特に、偉い人の前に出る仕事をされている方にお勧めです。

いろいろな仕事道具にこだわっていても、最後は紙とペン。

毎日使うペンが100円や会社支給だと、なかなか心が躍りません。

1,000円程度で買えるブランドボールペンです。

Parkerであれば、若手が持っていてもいやらしくなく使えるのではないでしょうか。

細いのと、中くらいのもので好みに合わせて。 

PARKER JOTTER ジョッター フライター ボールペン S1140312

PARKER JOTTER ジョッター フライター ボールペン S1140312

 

 

パーカー IMラックブラックGT ボールペン

パーカー IMラックブラックGT ボールペン

 

 まとめ

形から入るって、結構重要だと思います。

これで自分がデキるビジネスマンだと思えるようになれば、より大きな仕事が回ってくるチャンスになるかも。 

 もう少し高価格だけど、日々の暮らしを劇的に変えるものはこちら。

新社会人が早めに買って損はないアイテム

信頼を得るために社会人1年生が冬ボーナスで買うべき6アイテム