目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

Ascendは日本市場に食い込み切れないだろうね

SIMフリースマホが活性化している中、HUAWEIもプレミアムラインとしてAscendシリーズを投入してきました。

楽天モバイルは、「超ハイスペック」という表現まで使って新端末導入のうたい文句にしています。

果たして、超ハイスペックの名に恥じない活躍を、日本市場でできるのでしょうか。

HUAWEIというブランド

中国メーカーですね。

HUAWEIに対して、ハイスペック・ハイブランドのイメージを持つ人はいるのでしょうか。

そもそも、HUAWEI製品は(スマホ界隈では)あまり表舞台に出てきませんでした。

HUAWEIで、日本の主要キャリアから出ている商品と言えば…

  • dtab
  • キッズケータイ
  • フォトパネル
  • ドコッチ

etc…

どれも、あまりHUAWEIブランドを前面に押し出すタイプではありませんね。

質感はiPhoneに匹敵するも

プレミアムラインとして、直近で出ていたのがAscend P7ですね。

びっくりするほど、パネルと側面のラインがiPhone5です。

個人的には、iPhone6のやすっぽいパネルよりは好きですね。

ガラスっぽいパネルと、メタルな雰囲気。

4万円台という値段を鑑みると、いい味出しているのではないでしょうか。

しかし、残念なのは4万円も後半になると、iPhoneの背中が近いんですよね。。

しかも、SIMフリーモデルがありますし。

ちょっとお値段抑えるというのであれば、Zenfone5が2万円台でギラギラと攻めよってきていますし。

Ascendの超ハイスペックの背面

背面パネルではなくて負の側面です、

カタログスペックではかなりいいところついてきています。

オクタコアとか、まだ国内メーカーからは出てませんからね。

しかし、スマホではカタログスペックだけを信用してはいけないのが残念なところ。

国内の某メーカーではスペック詐欺と言われるような、スペックに見合わない(悪い意味で)動きをする機種もありましたから。

実際の動きを見て確かめるのが賢明ですね。

楽天モバイルからも発売は、超ハイスペックなのか

オクタコアの、android4.4のファブレット。

6インチ、フルHDディスプレイ。

これだけ聞くと魅力的ですね。

それでも食指が動かないのは、HUAWEIというメーカーブランドに対する不安でしょうか。

過去に高級品を出したことがないブランドの高級品を買う気になれません。

ブランド戦略が機能しないままに、高級品をいたずらに出してもしょうがないのでは。

ブランドは、確かな実力の証明です。

実力があることを、世間にまずは知らしめないといけないのではないでしょうか。

そのあたりが、ASUSの戦略との差分ではないかと思っています。