目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

Xperia Z3(au版)早くも一括ゼロ円:ドコモを草刈り場に

3キャリアから取り扱いが始まったXPERIAのフラッグシップ、XperiaZ3。

料金プラン的に考えると、auがいいのではないかなーとかねてから思っておりました。

安売り店のTwitterを見ていると、早くもMNPで一括0円(実質ではない)があるみたいですね。 

auのキャッシュバック大作戦

auの作戦が目に余るように見えたのは、もう2年前の話でしょうか。

まだiPhoneを取り扱い始めたばかりのauが、androidの機種を一括0円販売。

しかも、高額キャッシュバックで場合によっては5~6万円ももらえる!!

なんて事態が起こっていました。

機種変更するなら5~6万円払わなきゃいけないが、MNPなら機種代0円でしかも5~6万円逆にもらえる。

家族4人で移れば20万円。

買えない理由がない、といえるほどの状況です。

Xperia Z3も大盤振る舞い

昔は型落ちとかの廉価機種でやっていました。

しかし、今回はXperiaZ3です。

SONYのフラッグシップモデル、しかも発売からまだ1か月の最新機種。

スマホ界においては、iPhoneの売れ筋の牙城を唯一突き崩せるだけの存在。

それが、早くもMNP一括0円です。

しかも、ドコモと違って旧プランOKです。

仕掛けてきましたね。

ドコモ光に圧倒的に勝つ?一括0円+スマートバリュー

背景には、年明けにも始まるといわれているドコモ光ー固定とケータイのセット割に対する経過感があるのではないでしょうか。

auの基本戦略はスマートバリューで家族根こそぎ、KDDIグループで収益アップです。

そのための撒き餌として、0円機種をばらまいているわけです。

ビジネスモデルとしては、ADSLのモデムが無料で配られたり、ケータイも無料でもらえてた時代から変わらず、後の通信料金から回収するモデルですね。

auは、それの回収の形が2通りになって複雑になっているだけですが、結局は儲けの種になる。

そのポイントがスマートバリューですね。

猛烈なオトク(家族全員0円)で固定回線まで含めてひっくりかえせば、もう2年後もドコモやNTTに戻すのは面倒で、手を出さないでしょう。

ドコモ光が同じことをやる前に、きちんと確保しておく必要があります。

…反面、1人だけでMNPしてきたり、固定も随時変えるようなユーザーがいれば、その人は圧倒的な割引になるわけです。

しかし、2年たった今でも続いているこの作戦。

つまりは解約が見られない、大成功だったんでしょうね。

インフラモデルって、すごい。 

関連記事