読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

LINEフリーコインがiPhone対応したが、抵抗感が拭えない

LINE スマホ/IT ビジネス/コンサル マーケティング

androidではずいぶん前からあったLINEフリーコインですが、ようやくiPhoneでも利用できるようになりましたね。

LINEを始めた当初はandroidがメイン機で、フリーコインも使ってみました。

今はiPhoneメインなので、久しぶりに使い比べをしてみました。

LINEフリーコインとは

一言でいうと、フリーコインを手に入れることで、タダで有料スタンプを購入することができます。

どういうことでしょうか。

LINEのスタンプを購入する2つの方法

購入する度に課金する方法(クレジットカード、キャリア決済等)

たとえば、クレジットカードでの支払いや通信キャリアの料金と合わせての支払いですね。

200円のスタンプが欲しければ、200円分をクレジットカードで支払います。

現金との等価交換のようなものですね。

ちょっとオトクに前払い(LINEコイン)

もう一つは、仮想通貨=LINEコインを前払いで購入する方法です。

1コイン=2円相当という通貨単位で、まとめてコインにかえると少しボーナスがつきます。

テレホンカードと似たやり方ですね。

この、2円分の価値がある「コイン」を、条件を満たして無料でもらえるシステムがフリーコインです。

LINEフリーコインを手に入れるには

動画CMの閲覧や、企業アカウントと友達に

現時点では、LINEのサービスのプロモーションを受けることですね。

LINEツムツムのアカウントと友達になること。

LINE PLAYについてのプロモーション動画を見ること。

これによって1~3コイン程度(2~6円)が手に入ります。

これをたくさん集めていくと、100コインでのスタンプ購入にたどり着けるわけですね。

…昔androidのころは、LINE関係ないアプリのダウンロードでした。

それも、単位が30コインとかで、4つくらいダウンロードしてリラックマのスタンプをゲットした覚えがありますね。

ずいぶんプロモーションの価格を下げたものです。

追記:iPhoneのLINEフリーコインにおける動画広告

動画広告はLINEにとどまらず、広く企業広告を見るようになりました。

しかし、出稿する企業はきちんと目標設定と管理をしないと、かなり痛い目を見る施策になります。

LINE的ビジネスモデルの水平展開

LINEは基本的にプラットフォーム事業ですね。

そこで流通するものからお金を少しずつ吸い上げるモデルです。

LINEから形式上は無料でコインをもらっていますが、本来であればLINE側が費用を投下するプロモーションを安価で行っているものになります。

プロモーションの効果が上がれば、LINEの周辺事業が盛り上がります。

動画を無視したり、友達登録即ブロックしたらどうでしょう。

結局コインがたまってスタンプを購入し、友人に送る。

その人がそのスタンプがほしくなってスタンプを購入すると、LINEが儲かる。

かなり強いプラットフォームになっていきますね。

iPhoneでのLINEフリーコインは貯めるべきなのか

フリーコインをゲットするには、「労力」「時間」が必要になります。

たとえば、2コイン=4円を得るために、友達登録とダウンロード作業をしたとしましょう。

慣れてきたら1分でできる作業かもしれません。

時給にすると240円ですね。

あなたは、時給240円の価値を上回る仕事を、他でできませんか??

人それぞれに何に対して価値を見出すかはありますが、費用対効果は考えるべきでしょうね。    

コチラもどうぞ

XperiaZ3を3万円台で買った:VaioPhoneやXperiaJ1がふざけた価格すぎる

4/20にZenfone2が今度こそ!?ASUSのティザーサイトがオープン