読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

LINEスタンプ、収益配分が30%に減少して非対称な契約条項を発揮

イラストレーターの新たな収益源として盛り上がり、LINE側もクリエイターズアワードを開くなど盛り上げようとしてきたLINEスタンプ。

もともとは、販売額の50%をクリエイターに支払いでした。

これでも十分に搾取だと思っていたのですが、2015年2月1日申請分からは、クリエイターの取り分が35%になるということ。

江戸時代なら4公6民でも一揆がおきるレベル感ですよね。

胴元が圧倒的に強いプラットフォームビジネスの本領発揮です。 

 

LINEスタンプ、なぜ7割LINEがとるのか

LINE側の説明によると⇒googlePLAYに収める3割の負担の残りを等分する

とのことです。

審査・運営管理の費用があることは理解しますが、それにしてもいかがなものかと。

クリエイターに負担を負わせるLINEの言い分のおかしさ

googleに払う分があるから…という一見まっとうそうな理屈ですが、これがおかしい。

LINEはプラットフォームビジネスを展開していますが、アプリのダウンロードというところでいうと、もっと大きなgoogle、amazonというプラットフォームの中でビジネスをしています。

囲いの中に囲いを作って、そこで大きく儲けようとする、なんというか虎の威を借る狐のような構図ですよね。。。

よりおおきなプラットフォームであるgoogle側が3割(これでもかなり高いですが)で押さえているのに、その残りの世界で5割をとろうとするのは…なかなか強気ですよね。

もともとを考えると、全体の7割から、その3割を抜いてクリエイターに5割、というのは納得いく(google同等の)水準ではあります。

すべてをgoogleに払うわけではないLINE

上記の言い分を見ると、LINEでのスタンプ売り上げはすべて他に3割とられてるんですよーともとれますが、そうではありません。

アプリの中で動くものについてはそうですが、WEBから別に決済をすることもできますよね。

LINE電話とかもそうですが、ストアからチャージをするものです。

これに関してはgoogleやappleを通さない(通しようがない)以上は、支払をしていない…まるまるLINEの利益になっているはずです。

実際は課金の導線としてLINEの中で大半が完了している、というのが実態なのでしょうが、LINEの実際の利益率はもっと高い、ということは認識する必要があります。

クリエイターは別の道を探すべきか

とはいえ、スタンプマーケットに競合となりうるプレイヤーがいない以上、いくら搾取されるとはいえ選択肢がありません。

代替がないのなら、どんなに搾取されようとそこで販売するのが合理的な選択ですからね。

まさに「足元を見られた」状態です。

2014年はLINE運営側が「新しい稼ぎ方」としてあおりにあおった年でした。

おそらくLINEは、この試算で当面食っていけます。

同じ労力を費やすのなら、他のイラスト業に手を出しておくことを推奨します。

…もちろん、結果如何でLINEが料率を変更する、というのはありうる話ですからね。

また、LINEと競合になりうるプラットフォームが(もしかしたら)出てくるかもしれません。

独占になると値段が上がり、その不満を解消するために新しいプレーヤーが生まれる、というのは世の常ですから。 

関連記事