目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

Wi-Fi子機になるガラケーがあればiPhoneの最強の相棒になる

MVNOが普及し始めてからは常々、通話のガラケーとネット用スマホの2台運用が最高だと思っています。

ガラケーで、中途半端に利用してもしょうがないのでネット契約はなしにしたいのですが、ここでネックになってくるのがおサイフケータイです。

単体で使えなくもないですが、機能をフルに活用しようとするとネットにつなぐ必要がでてくるところ。

ガラケーとWi-Fi運用

ガラケーの料金を最安にしようとすると、以下の運用が考えられます。

○基本料金無料通話つき

×ISP契約(iモードとか)

×パケット定額

あくまでも、通話のみです。

ネット(iモード)は使えないですね。

これがWi-Fiが対応して、iモードサイトは見られなくても通常のネットができたら…というのが夢です。

メールちょっとだけ…と思っても、それだけで300円プラスですし、念のためパケット定額も、と思うとMVNOなら1GB利用できるくらいの料金になってしまいます。

Wi-Fi非対応ガラケーの抜け道:Suicaオートチャージの難点

おサイフケータイをフル活用するとなれば話は別ですが、小銭から解放されたいだけならば、Suicaのオートチャージを活用するという手があります。

最初だけISP契約が必要ですが、アプリのダウンロードとオートチャージ設定をしておくのです。

そうすれば、たとえば残額が3,000円を切ると自動で5,000円チャージするようにできるので、初期設定以降はISP契約での通信が必要ありません。

…難点は、買い物の利用ではオートチャージされないことでしょうか。

JRの改札をくぐるのが条件になります。

なお、西日本…たとえば福岡市営地下鉄のような場所では、相互利用でスイカを使うことはできてもオートチャージは実施されません。

こういうことを考えると、初期設定や臨時のチャージに、Wi-Fi対応していてさっと利用ができれば、ということを思います。 

Wi-Fiを推進したソフトバンクのガラケー(過去)

思えば、今ほどソフトバンクが「つながります」宣言をする前は、Wi-Fi運用に力を入れていました。

町中で見る白い犬のお父さんのステッカー。

「ソフトバンクWi-Fi使えます」の文字。

そしてWi-Fi=電波がつながるという刷り込み。

※実情はかけ離れたものですが

当時はまだスマホが普及し始めのころだったので、ガラケーにもWi-Fiを対応させてつながる錯覚を起こそうとさせていました。

今は、ソフトバンクのプレミアム機種(ガラケー)のどれを見ても、Wi-Fi対応したものはありません。

時代と戦略が変わったのです。

スマホとガラケーで料金が違うカケホーダイ

どうにかして利益を確保しようとするのは当然のことです。

通話専用にいいかと思えるカケホーダイのプランは、スマホ2,700円に対しガラケー2,200円。

別に2台目はスマホでもいいんですけどね。なんとなく損する感じがあります。

Wi-Fi対応のガラケーがあれば、通話とおサイフで最強の運用!というお話でした。

※1台目がおサイフケータイ対応androidスマホやおサイフケータイ不要論者の方にはあまり関係ない話ではありましたね。