読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

何も考えたくない夜にハインツのスープが優しい

仕事が立て込んでくると、なかなか食事に時間をかけられなくなってきますね。

とはいえ、外食やコンビニ弁当ばかりでも体調を崩すことになりかねません。

自炊する、キッチンを汚して片付けるほどの時間と体力がないときの選択肢とは。

睡眠と食事の重要性

仕事をしていて思うのは、「体が資本」ということです。

基本的には平常状態が続けば重い仕事もこなしていけますが、少し体調が悪くなってくると普段よりも能率が落ちる。

能率が落ちると休む時間が減る。

休む時間が減ると体調が悪くなる…

完全に負の循環ですね。

間に合わせにせずしっかりすることが肝要です。

ハインツのスープが美味しい

昨年夏から重宝しているのが、ハインツのパックスープです。

フリーズドライのお湯で溶かすようなスープに比べるとちょっとお値段は張るのですが、格段においしい。

ちょっとした店でランチについてたらおっ…!!となるレベルです。

おすすめは、粒コーンのクリームスープとオマール海老のビスクの2種類。

 オマール海老のビスクに至っては、ほんとに単品で商売になるレベルです。

スープとして食すのも、パスタやうどんのソースとしても

非常に濃厚です。

なので、スープを湯煎であっためて、疲れているときはそれで十分。

もう少し腹持ちが欲しいときには、パンを焼いて一緒に食べると素敵な食卓に。

変わり種の使い方としては、もっと主食にしたいときに、麺と合わせる手があります。

私はうどんが好きで、レンジでもいける冷凍うどんは常備しているのですが、それとビスクを合わせるのもこれがまた絶品ですね。

湯煎の鍋と電子レンジなので、同時並行で作業が進むのも嬉しいところです。

コーンスープは麺とはあいづらいですが、その時はクラムチャウダーかボルシチですね。 

夏用と冬用、冷蔵庫と湯煎

昨年夏から、というのには理由があります。

夏は冷蔵庫で冷やすだけの冷たいスープがあったのです。

ヴィシソワーズとか、冷たいコーンスープ。

湯煎ほど時間が全くかからないのも重宝したポイントですね。

時間短縮にもなりますし、ありあわせにも見えない、しかも野菜が元なので栄養豊富。

心も体も豊かにしてくれる、結構重宝なアイテムです。 

関連記事