目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ワイモバイルがソフトバンク内で吸収合併:ブランドは維持

ソフトバンクの子会社群が吸収合併により一社化するようです。

端的にいうと、ケータイもPHSもブロードバンドも固定も一社でやりまっせ!ですね。

Jフォン、Vodafone、Softbankの変遷も激しいですが、emobile、willcomのユーザーもなんだなんだという嵐に飲まれている感があります。

ワイモバイルがソフトバンクモバイルに

今回の合併対象は、以下の4社です。

  • ソフトバンクモバイル:ケータイ
  • ソフトバンクテレコム:固定
  • ソフトバンクBB:ブロードバンド
  • ワイモバイル:ケータイ(PHS)

名前はソフトバンクモバイルに統一ということで、一番大きなところに統合される形になります。

過去に取り組んできた通信系をひとまとめにした感じですね。

ケータイに関しては、Vodafoneの買収以降、イーモバイルとウィルコムを買収しているので、日本の半分の事業者を買っているんですね。

ワイモバイルブランドは維持

気になるのは、せっかくワイモバイルにしたのに料金プランとかどないなんねん、という話。

これに関しては、ワイモバイルの名前(ブランド)と店舗は維持するようなので、利用者にとっては特に変わらない模様。

中で人材の行き来であったり、教育の仕方が効率化されるのでしょう。

背後にあるプラチナバンドー電波割り当て?

推測の域を出ませんが。

もともとの買収の思惑として、3社もっていれば周波数帯の割り当てを有利に進められるという腹があったのではないでしょうか。

実際は1事業者とみなされて、相応の割り当てしかなかったので目論見は外れた。

結果として2社を合わせてワイモバイルに、さらなる効率化でソフトバンクモバイル一社に…という流れなのかな、と。

孫正義は会長、宮内氏が社長に

いままで社長であった孫正義氏は、会長になる模様。

先の決算で、通信事業は回収フェーズ、金を稼ぐ場と明言しています。

孫さんは、通信に関してはもう会長として口を出さず、新分野-物流、投資、IoT、ロボットと「情報革命」に専念するのでしょう。

末恐ろしい企業だと思います。 

関連記事