目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

BIGLOBEのMVNOシムを買ってドコモ端末で使ってみた

色々なMVNOSIMを試してみたいなーと思い、気になっていたBIGLOBEのSIMを購入してみました。

結論から言うと、通信速度も十分なのでかなり満足度高いです。

BIGLOBEのMVNOSIMを購入

まずはSIMカードを入手しなければいけません。

どのMVNOも、月額は同程度に安いのですが、大手キャリア同様にSIM購入のための初期費用が必要になってきます。

大手と同様に、MVNOは基本は3,000円で割引ありますね。

SIMのサイズを間違えないようにしましょうね。

iPhoneとandroidで大きさ違います。

※XperiaZ3はiPhoneと同じnanoSIMです!

ドコモのGalaxy S3で設定

昔利用していたGalaxy S3を引っ張り出してきました。

Wi-Fi専用機からの脱却です。

こいつはnanoSIMです。

注意しないといけないのは、届いてそのまま利用できるわけではなく、利用者登録、クレジットカードの登録をネット経由でやる必要があります。

2台目ならいいですけど、実はこれってMVNO1台で完全に運用するぜ!!って人にはハードル高いですね。

それが終わると、端末の設定に入ります。

説明は同梱の紙に書いてあります。

設定⇒モバイルデータ通信⇒APN設定に入って紙に従って4か所入力するだけ。

かなり楽です。

※恥ずかしながらWi-Fi運用時にモバイルデータ通信オフ設定にしていたので、つながらない!!と焦ってしまいましたが…。

BIGLOBE、速度は上下ともに7Mbps以上

RBBスピードテストで実測してみました。

下りが7.7Mbps、上りは7.1Mbps

十分すぎるくらいのスピードです。

満足です。

ただし、ドコモのandroid端末ではテザリングができない模様…

もともとテザリングするときには強制的にSPモードにつながる仕様のようですね。

SIMフリー端末であればテザリングもできるみたいです(未検証)

プランも変更可能、総論満足のBIGLOBEのMVNO

今回は月の後半だったこともあって、2GBのプランにしてみました。

MVNOは会社によっては、一度契約するとプランを変えられないところもあるので、使い方が定まってないうちは変更できるのがいいですね。

公衆無線LANのWi2にも対応してますし、自動接続アプリもあります。

DMMモバイルなんかは変えられないので、きっちり使い方が固まった人向けだと思います。

総論としては、設定のしやすさとスピードで満足のいくSIMでした。 

関連記事