読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

デザインコンサルタントの仕事術:デザインファームFrogの本

週末に面白い本に出会ったので。

「デザインコンサルタントの仕事術」という本です。

巷にあふれるコンサル本(マッキンゼーの~とか、コンサルタントの~とか)とは一線を画す本です。

ロジカルシンキングとか、MECEとかそんな話ではなく、アイデアをデザインしていく思考ですね。

「デザイン」のイメージにはまらなくても、新規事業立案とかの職にある人にはぜひ読んでいただきたい一冊です。

デザインファームとは

日本だとあまりメジャーな業種ではないかもしれません。

世界的に有名なところだと、IDEOや、今回の本を出したFrogですね。

スタンフォード大学のd.schoolなんかも有名。

お絵かきやWEBサイトのデザインではなく、いわゆるUX=ユーザー体験をデザインすることが根底にあります。

デザインコンサルタントの仕事術

破壊的なアイデアを見出すために、破壊的な仮説をたてる。破壊的なチャンスを見つける。

とにかく「破壊的」という言葉が躍る本です(笑)。

革新的に新しい、、、ということと同義ですかね。

大企業であればあるほど強い傾向(なイメージ)ですが、基本的にはビジネスが線形に進化していきます。

前に出したものを少しずつ改善して、穴をふさいで行って完成度を高める。

このプロセスでは、まったくの新しいものー今まで世になかったものは出てきようがありません。

そこに対して非線形な進化をする、まったく新しいものを導き出すのがこの本の考え方です。

ブレイクに挟まるのが、「3足一組のソックス」の話。

普通にはいたら1足余る。

なぜそんな売れそうにないものに商機を見出したのか??

新規事業とか考える必要がある方にはおすすめの一冊です。

関連記事