目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

楽天でんわの3分無料プロモーション、悔しいが効果あり

楽天でんわが昨年の秋口に実施した、3分以内の通話が0円という「プロモーション」(あえてプロモーションといいます)。

悔しいですが、勉強用に…と、トライアルで登録してみて、期間終了後もたまに利用しています。

楽天電話の無料というプロモーション

敢えてプロモーションという言葉を使った理由です。

楽天は、公開時にティザーサイトまで用意して、大々的に3分以内の通話は無料!を打ち出しました。

しかし、実態は。

期間は3か月、ユーザー数も限定。

無料につられたユーザーを囲い込むためのPR広告ですね。

3か月経過すると、通常のプランに自動移行になります。

楽天でんわで3分経過したら倍量の課金

さらに、キャンペーン中であっても罠があります。

通常プランの楽天でんわであれば、30秒当たりの通話料金は10円。

大手キャリアの半額の値段です。

しかし、3分無料プランであれば、3分経過後は倍の20円。

ちょっと長電話すると、超えてしまうのですよね。

↓こちらにまとめました。

楽天でんわの無料期間終了後:通話アプリとの比較

楽天でんわの罠プランが!と思っていたのですが。

無事に無料期間が終了してどうなったか、というと…

電話をしないといけない人には、楽天でんわから電話をかけています。

もとは、LINE電話で十分と思っていたんですけどね。 

 

固定にLINE電話、ケータイに楽天でんわ

LINE電話には、大きな欠点があります。

相手先がドコモのケータイを使っていると、LINE電話で発信したときに、こちらの番号が表示されない、ということ。

これって、相手がでるかどうか分からない時って、結構なリスクだったりします。

固定であれば、折り返しを求めることってないので、問題ありません。

しかも1分3円で、圧倒的に安いです。

楽天でんわは、ケータイに電話するときに便利です。

きちんと090-のこちらの番号が通知されるので、折り返しを期待することもできます。

そして、割と電話帳アプリがほかの通話アプリに比べて使いやすい、というのも地味にいいところ。

使い分けではあるのですが、以下の通り。

・家族に対してはキャリアの通話

・店の予約等固定電話にはLINE電話(店への無料通話もあり)

・LINEでつながってる友人はLINE無料通話

・その他ケータイにかけるときに楽天でんわ 

正直、無料プランの最初にクレジットカード登録させて、アプリダウンロードさせる、というのが勝ち筋でしたね。

結果論で行くと、割とプロモーション効果上がったんじゃないかなーと思います。

KPI設定、大事ですね。

関連記事