目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

日本でUBERは流行るのか:流しのタクシーでも安心

福岡でライドシェアの取り組みを開始しているUBER。

諸外国ではタクシー業界の脅威として位置づけられているようですが、日本でも同様のことが起きるのでしょうか。

UBERの魅力とタクシー

クオリティの担保された車の配車、でしょうか。

少なくとも東京でサービス開始された当初はハイヤーに限定され、おもてなしもきちんとする、高級車に乗れるというものでした。

料金はタクシーより若干割高とはいえ、深夜料金がないということや、クレジットカードを登録する必要はあるけれど、都度の支払が必要ないというところもメリットですね。

海外で普及するUBERと日本の都市圏の安全性

諸外国でUBER普及の一因としては、移動手段としてのタクシーが確立されていないというところなのでしょうか。

あまり街中を走っていない。

もしくは、走っていたとしても走行時にトラブルが起きる。

よくよく考えると、移動の足を相手に任せた上に個室二人きりになるわけですからね。

結構な信頼感がないとできないことです。

その地域に根差した企業が運営しているといっても、人の往来が増えれば増えるほど信頼感は根付きません。

ここにグローバル展開のUBERによる保障が入れば、かなり大きいところ。

トラブルは過去にありますが、それを見ながら対策をしつつ、普及が加速することでしょう。

対して、日本はどうでしょうか。

都市圏にいて、タクシーが拾えず困ることってあまりありません。

タクシー乗り場ありますし、大概は流しで走ってますし。

さらにいうと、態度の悪いドライバーはたまにいますが、大きなトラブルに発展することがないのも日本の治安の良さの象徴でしょうか。

ハイヤーとしてのUBERとライドシェア実験

みんなのUBERは、ライドシェアという形でトライアルをやっています。

個人の車を使って、あいのりを提供するようなものですね。 

トライアル無料なので値決めは何ともいえませんが、個人的にはタクシーと同額であればタクシーに乗ると思います。

わざわざUBERを使って素人ドライバーに乗るインセンティブがないので。

それよりは東京で、夜の移動にハイヤー使う方がいいですね。

UBERアプリ「03ux4」入力で2,000円分ハイヤー使えます。  

関連記事