目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

みおふぉんのIIJmioも光をスタート:ここらでNTTからの転用について考えてみる

フレッツ光の卸販売は、本当に大量に出てきましたね。

比較的初期段階からスマホのMVNOに参入していたIIJmioも、光と、セット割引の両方をスタートしました。

割引スペックとしては、600円割引、といったところ。

しかし、なぜこんなにもセット割の会社が増えてきたのでしょうか。

OCNのようにMVNOはプロバイダから始まる

もともとのスマホMVNOの出自を考えてみます。

有名どころだと、OCN、BIGLOBE、ぷらら、U-NEXT…

共通する要素としては、ブロードバンド(固定)向けのプロバイダーとしてもともと提供をしていた会社です。

そもそもMVNOの参入には、設備投資が一定必要です。

メインの回線はドコモのものを借りますが、そこからどのように自社ユーザーに提供していくか。

そのためには、一定の設備が必要になってきます。

プロバイダー業をやっていれば、その設備が一部流用できるので、参入障壁が低い、ということになります。

なお、プロバイダ業をやっていない、DMMも参入しています。

こういったケースでは、MVNEと呼ばれるところの協力を得て、ドコモ⇒MVNE⇒MVNOといった形で設備を使わせてもらっているところが多いようですね。

ちなみにDMMのMVNEになっているのが、IIJmioですね。

プロバイダMVNOとフレッツ光の親和性

ブロードバンドを開設するときにもかなり複雑だなぁと感じます。

理由はプロバイダーの契約とフレッツ光の契約が別建てになること。

回線自体はNTTのフレッツですが、利用の条件として必要なプロバイダーは各社選んでくださいね、と。

プロバイダーを窓口に、NTTとの契約を結んでいたわけです。

そのため、NTTからの請求書と、プロバイダーからの請求書が二本立てになるわけですね。

それが今回の光卸では、窓口だけでなく全体が一本化されます。

プロバイダーから、ISPとフレッツの両方の請求がくるようになります。

そして、裏側でプロバイダーがNTTにお金を払うのですね。

光セット割に必要になる転用手続き(ドコモ光も同様)

結局のところ、動いていることは一緒です。

NTTの回線を利用して、プロバイダーを経由する。

しかし、別商品として売り出すので、セット割をする会社の割引を受けるには

「転用」という手続きが必要になってきます。

商品名と提供者が変わったので、契約をやり直せというものですね。

・・・なんともめんどくさい話です。

転用に約2,000円、そして割引の額も少ない…

というより、何よりも人的なコストがかかるのがネックですね。

それをうまくやったスマートバリューは、やっぱりすごいと思います。  

関連記事