目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ASUS2/13新商品はZENFONE2 でなくtransbook chi:お粗末なキャンペーンですこと

ASUSがティザーサイトで事前予告していた新商品発表ですが、個人的に期待していたzenfone2ではありませんでした。  

速報ベースで記載すると、ノートPC2種類のようです。(2/13 15:20記載)

・transbook chi

・Zenbook

※15:40追記:上記を中心に、PC全体の春モデル発表だったようです。

ハイスペックなゲーミングノートなんかも発表されていますね。

Zenfone2と同じZenのネーミング、Zenbook…コンセプトは似て非なるものですが。 

簡単な説明と、キャンペーンのお粗末さにコメントを。

ASUS transbook chi

いわゆる2in1タイプのタブレットPCですね。

昔のモデルよりも若干の軽量化と、キーボードとタブレットがbluetooth接続で自由度が高まったのがポイントのよう。

価格は約8万円~。

Atom搭載ですね。

…とはいえそんなにハイスペックでもないので…

どうでしょう…

ASUS Zenbook

こちらはUltrabookですね。

起動が早く、薄型で持ち運びしやすいノートPC。

約11万円~です。

一番の目玉商品のようではあるのですが、そもそも、キャンペーンサイトでクリックするとエラーで詳細が出てこないという(笑)な仕様です。

ウルトラブックも多数出てきている中で、1.2kgはかなり重い方かと。

ウルトラブックの可搬性は、そろそろタブレット単体と比較しなければいけないと時期に来ています。

少なくとも、SURFACEがベンチマークですね。

SURFACEはMacbookAirがベンチマークですが。

※15:40追記:リンクが機能するようになりました。

ASUSのティザーサイトの機能不全:Zenfone2を期待してしまう

キャンペーン、不慣れなんですかね。

前にもティザーサイト作ってたような気はしますけど。

まず、ティザーサイトそのまま表示してたらエラーになる。

時間をおいてチャレンジすると、リダイレクトで飛ばされる先が、なぜかZenfoneショップ。

若干期待してしまうじゃないですか、でもZenfone5しかない。

facebookページを確認すると、ちょっとしてからトップ画像がtransbookになってるから、そっちなのねーと想像で理解。

公式ページにリリースも乗らない。

そうこうしているうちにリダイレクト先がASUSショップに変更されて、2種類のPCが出てくる。

しかしZenbookについてはエラー表示。

…なんのためのカウントダウンだったんでしょう。

脱力感大きいです。

※15:40追記:リンクが機能するようになりました。

FBページもきちんと設定しなおしてますね。

Zenfone,NEXUSがヒットしたASUSの誤解

ASUSが期待感をあおるティザーサイトを作ったのはいいですが、何か誤解がありそうですね。

ASUSが存在感を示しているのは、google謹製NEXUS7を作るメーカーに採用され、そのタブレット品質で話題になったこと。

そして、日本でのMVNOの高まりに合わせてZenfone5を投入し、価格帯の安さから話題になったこと。

PCとは全く別の市場です。

というか、ZenbookとかMacbookAirのパクリじゃないかといわれながらずいぶん前に出しましたが、そんなに国内話題の商品ではありません。

それを、いまASUSの波がきてるぜ!!ということと勘違いしてPCオンリーの発表会にティザーサイトを作成した、というのは失策と言わざるを得ません。

もちろん、訪問者は増えるでしょうが、期待との落差があまりにも大きすぎる。

zenfone2を期待していた人へ

当面は、Zenfone5で我慢するしかなさそうですね。

※2/16追記:一部の台湾メディアの報道では4~5月にZenfone2日本投入とのこと…?

日経のiPhone記事とドコモのこともありますし、メディアはなかなか信用なりませぬ(笑)

Memopadも、かなりいいと思います。

複数台もって、自宅ではWi-Fi運用とかならMVNOのSIMがあるといいですね。 

関連記事