目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ライドシェア実験みんなのUberが機能不全

福岡で実証実験をやっているUBERの個人配車サービスです。

開始から約1週間たちましたが、割と機能不全に陥っている模様。

※参考記事

みんなのUberからみる黒船の未来:03ux4で2,000円値引き

日本でUBERは流行るのか:流しのタクシーでも安心

圧倒的に足りていない?福岡UBERのドライバー数

UBERアプリ:ご利用になれる車両がございません

初日に利用してみたのですが、その際は20分程度で空港に迎えに来てもらうことができました。

そこから1週間たったこの土日。

何回アプリを開いても、「ご利用になれる車両がございません」の表示。

無料ということもあって、思った以上に普及しているのでしょうね。

おそらくドライバー数に限りがあるので、乗車中ではなにもできないのでしょう。

※追記:登録ドライバー数は思った以上にいるようです。

しかし、ライドシェアという特性上、ドライバーが暇な時間に自分でクルマを出すか否かを決めるので…

実際に走っているクルマの数はもっと少ないんだろうなぁということが想定されます。

つかまらないUBER

必要な時にUBERが利用できません。

というか、予定が見えないのが使いづらいところですね。

片道みんなのUBERつかえたとしても、帰れる保証はないので。

…その場合、普通の有料タクシーや電車を利用しろ、てなところでしょうが。

なんというか、有料でもいいからせっかくならUBERつかえたらいいのに、とは思います。

みんなのUBERと海外白タク

女性1人でみんなのUBERライドシェアを利用できるか

知人に紹介して、実際に乗ってもらいました。

彼は屈強な男性なのでいいのですが、やはりタクシーでなく個人の車にのることには大きな不安感があるということ。

…だって、移動の意思決定を相手に委ねているわけですからね。

UBER本体も、おそらく事後対応なので不安は大きいです。

海外白タク≒みんなのUBER?

上記の感覚…個人の車に乗るという意味では、海外の白タクに近いものがあるでしょうか。

差分としては、統一価格でぼったくりの心配がないこと。

また、トラブル時に(一応)会社を挟んでいるので、なんらかの補償が得られること。

…何かあればもう遅いですけど。

追記:国交省から規制がかかったようです 

産学連携機構九州との実証実験の成果はあるのか

無料でのライドシェア実験の意味

今回は産学連携機構九州との実験です。

しかし、無料でやったことで正確なデータはとれるのでしょうか。

私も、知人も感想としては「無料だから利用するが有料なら怖くて使えない」が正直なところ。

これによって、移動に対する観念であったり、正確なデータをとるのはほぼ不可能ではないかと思っています。

スマートシティ福岡構想

福岡は、電車よりも西鉄バスの交通網が発達しています。

クルマも多く、雑多なところはあるので、実験自体はいいことだと思うのですが。。

結局はUBERのドライバー確保と、無料期間のプロモーションに産学連携機構のお金が流れただけのような気がしなくもありません。 

関連記事