読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ガラホ、ドコモからも15夏:ニーズ見誤り

auのAQUOS Kに引き続き、ドコモからも2015年の夏モデルに「ガラホ」こと、android搭載の二つ折りケータイが出る見込みのようです。

SHARPの役員がコメントしていたこともありますから、完全なる既定路線ですね。 

誰が望むか、SHARPのガラケーは今後android搭載へ 

従来のガラケーを捨てることは、SHARPにとっていいことなのでしょうか。

それとも、ドコモやauにとってのメリット?

SHARPはユーザーの姿をみていますか??

5/13追記:ドコモのガラホは現時点では朗報でした 

 

ドコモから出るであろうガラホのスペック予想

ドコモ版ガラホの機種スペック

2015年の夏モデルでしょうが、おそらくauのガラホ(2015春)とほぼ同等なのではないかと予想されます。

理由としては、通常のandroidスマホと異なり、メニュー構成を大きくカスタマイズしているので、ベース機を変えるとまた費用がかかって大変…というところ。

おそらく同一筐体のガラホを各社から出して、採算とれるようにするSHARPの思惑があるかな、と。

外観と、カラーリングだけ特異性がでるかもしれません。

  • 液晶:3.4インチTFT
  • CPU:1.2GHzクアッドコア
  • RAM:1GB
  • カメラ:約1,300万画素
  • 備考:imode非対応、タッチクルーザー(タッチパネルではない)搭載

※auガラホのスペックをもとに筆者の推測

ドコモガラホの料金スペック

さて、毎月の基本料金はどうなるでしょう。

こちらのほうが確度は高いですが、ドコモのスマホと同一ですね。

6,500円~になるのではないでしょうか。

  • 通話:2,700円(スマホ向けカケホーダイ)
  • 通信:3,500円(2GB、従量制)
  • ISP:300円(spモード)

auがシニアプランを出したのと同様に、ドコモもらくらくスマホに用意している200MBのプランを適用する可能性もあります。

その場合だと、通信が2,000円になるのでトータルが5,000円ですね。

ただ、200MBというのは…どんだけスマホを必要としていないのか、と思います。

ユーザーが求めるガラケーvsガラホ

私の主観もあるかもしれません。

最低限の電話とメールができること。

閲覧に耐えるそこそこのカメラ性能。

乗換案内や天気予報くらいはみるかも。

パケ代も二段階定額ついてると安心だけど、そんな上限までは使わないよね。

できる限り毎月の料金を安く抑えたい、だってガラケーだし。

慣れてるのがいいから、タッチパネルじゃなくてテンキー入力したい。

ガラホで利益を上げるドコモとau

上記のことを考えると、ガラケーのままでいいんですよね。

ドコモやauがandroidに移したい理由は、料金設定です。

ガラケーよりもスマホのほうが、料金は高く設定できます。

…もっとも、ドコモは新料金プランでガラケーにもパケットはスマホ同等のものを入れてましたが。

もちろん、このSHARPのガラホ、、androidベースなので料金体系はスマホと同様。

ライトユーザーにもしっかりと料金を支払ってもらう、ということがベースになるのですね。

SHARPはガラホで目先の利益をとって将来を失う

果たして、これを持ちかけたのは大手キャリアのドコモやauなのでしょうか、それともメーカーであるSHARPなのでしょうか。

ドコモやauには毎月の収入増加というメリットがあります。

これは、一度買ってもらえば半永久的に続く、嬉しい商売です。

SHARPは、基本的には1回限り、ガラホ端末の売り切りです。

ガラケーをすべてandroidベースにすると宣言しているので、今までSHARPの「ガラケー」を愛用していたユーザーは次の行く先をなくすわけですね。

NECとPanasonicのガラケーが漁夫の利を得る

ここで利益をとるのが、ガラケーに特化しているNECとパナソニックかもしれません。

両社ともガラケーは毎年1モデル出していますし、新機能の追加もほとんどないので値段も下がって買いやすくなっています。

一時期は5~6万円していたケータイが、今や2~3万円ですからね。

これがガラケーの適正価格科、と思います。

しかも月々サポートで値引きをしてもらえます。

減りつつあるとはいえ、ガラケーの市場でパイを奪い合っていたSHARPが一方的に離脱してくれるのです。

根強く残るガラケー市場を、NECとパナソニックで取りに行けるわけですね、結果的に。

(富士通は付加価値戦略というか、ガラケーもいまだ高価格です)

敵に塩を送るといいますか、そういう結果になりそうな予感がします。

メーカー各社のモバイル部門、2015年度決算が楽しみです。 

※2015/5/13追記

ドコモの新商品発表で、ガラホ2機種出てきました。

月次の料金プランは据え置きということで、少し期待が持てます。 

関連記事