目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

LG Watch Urbanがapple watchより断然カッコイイ

スマホの次のデバイスとして、スマートウォッチはくるのでしょうか。

正直、どのデバイスを見ても、ダサい。

時計として身に着けていたくない…というのが正直なところ。

デザインといえばappleですが、apple watchであの程度の出来栄えなら、当面スマートウォッチなんてつける時代はこないと思ってました。

意外な伏兵が、LG電子のLG Watch Urbanです。

普通の時計と見紛うばかり(この表現がすでにいかがなものかと)のデザイン。

詳細はこちら:公式ページ

http://www.lgnewsroom.com/newsroom/contents/64948

SONY、Samusung、モトローラ…歴代スマートウォッチ集

anroid系とiOS系で差分がありますね。

iOS:言わずと知れたapple watch

有名な高級時計ブランド、タグホイヤーの幹部を引き抜いたことも事前の話題になりましたね。

期待してたんですが、なんというか…

高級感にかけるというか、やはりマシンとしてどのように表示するかありきのデザインに仕上がったな、という感想です。

appleであれば、デザイン起点で考えてもよさそうなものなのに。

おそらく、単体で見たときの操作感はきちんとしているのでしょう。

ですが、時計として身に着けたいものでなければスマートウォッチとしての価値がありません。

生活全体からの発想が欠けているスマートウォッチのできあがりでしょう。

android wear:moto 360

今までは、これが一番いいな、と思っていました。

googleに買収されたモトローラの製品です。

当時は初めて?スクエアばかりのスマートウォッチ群の中で丸形のディスプレイを搭載したもの。

これが時計だよね、と思わされました。

どうやら特許の関係で日本では発売されないそうですが…

技適の問題に続き、なんだかなぁと思います。 

galaxygear、sonyのsmartwatch3

サムスンとソニーのスマートウォッチです。

サムスンはキャッチアップするの早いですねー。

曲面ディスプレイを取り入れた、縦長のモデル。

なんというか、マシーンですね。

スマートウォッチというのはおこがましい感じ。

一線を画すLG Watch URBAN 

今回注目しているのが、LG電子のモデル。

丸形ディスプレイのスマートウォッチは過去に発表していたのですが、非常に安っぽい。

なので全く注目せず、どちらかというとモトローラのほうが気になっていたのですが…

ここにきてやってくれました。

見たほうが早いですね。

http://www.lgnewsroom.com/newsroom/contents/64948

パッと見は時計ですよね。

しかも、シンプルかつスタイリッシュ。

これの竜頭を押すことで、通知であったりメール、スケジュール確認へと移るようです。

久しぶりにワクワクするデバイスです。

ウェアラブルの可能性

ウェアラブルが取りざたされて久しいです。

スマートグラス、スマートコンタクトレンズ?みたいなものまでありますね。

スマートウォッチについては、皮膚にふれてライフログをとれるところがキモになるのかな、と思っています。

現時点でどこまでいけるのかわかりませんが、医療器具であれば指に挟むだけで血中の酸素濃度を測るようなものまであります。

常にスマートウォッチを装着することで、血圧、酸素から何から…

できれば簡易な血液検査のようなことまで自然とできている状態が実現できると、割と未来が広がりませんか。

市場がないと技術が発達しないので、スマートウォッチ×医療の連携というのは非常に期待したいところです。

働き盛りのビジネスマンの体調管理に、見た目ももスマートなスマートウォッチがあるといいですね。

いまのところはLG Watch Urbanが最有力候補かと。  

関連記事