目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ガラケーにカケホーダイつけるなら、ネットは諦めようという話

ドコモ、au、ソフトバンク。

それぞれに、通話定額(カケホーダイ)の料金プランができました。

興味深いのは、各社ガラケーのほうがスマホより安い水準になっている、ということ。

通話とメールだけガラケーで…という人については、パッと見は朗報です。

しかし、ちょっとだけネットもするよ…という人。

今まで通りにはいかないのが現実です。

ガラケー2,200円とスマホ2,700円のカケホーダイ

ここは各社横並びなので、ドコモを例に考えます。

ガラケー(FOMA料金プラン)だと、カケホーダイ2,200円。

スマホ(Xi料金プラン)だと、カケホーダイ2,700円。

ガラケーだと500円安く済むのですね。

これが通話だけの話です。

ガラケーを今も使っている人。

メールとネットはどうでしょうか。

昔はパケ死という言葉がありました。

データ定額がなく、青天井の請求になったからです。

その反省もあり?パケットの2段階定額はかなりいいサービスだったのかと。

あまり使わないときは390円、上限まで達しても4,200円で使うことができます。

メールと軽いネットなら、1,000円せずに使えるんじゃないですかね。

1人でパケット使うなら、2GB3,500円

カケホーダイと組み合わせるパケットには、そういった料金プランはありません。

パケットパックに加入する必要が出てきます。

これがまた、最低金額が3,500円スタートなのですよね。

そうすると、iモード利用料金と合わせて6,000円。

スマホだと6,500円。

結構な水準ですね。

もちろん、パケットパックに加入しないという方法もあります。

メールだけのライトな利用と想定して、2,500円+使った分だけ。

価格はずいぶんおさえられるように見せますが、青天井のリスクは避けられません。

※以前の料金プランに比べてパケットあたりの単価は下がっていますが、実際に使ってみないことには分からないというのは結構な不安要素ですね。

パケホーダイ:パケット定額の時代は終わった

なんとなく、パケホーダイという言葉だけは耳と頭に残っています。

ですが、もうパケホーダイ、パケット定額という制度は大手キャリアではなくなったのです。 

名称も、ドコモだとパケットパック、auだとカケホとデジラですからね。

ソフトバンクのスマ放題というネーミングはいかがなものかと思いますが。

※それを考えると、Xiパケホーダイとか、ほーだいとつく割に7GBの制限…正直になったとは思います

通話定額と、パケット定額は相並び立たない。

これは意識しておくべきところかと思います。

本来なら1台ですべて賄うのが便利なのですが…

現実は、スマホとガラケーで分けたほうが安く使えてしまう不思議ですね。 

不便を我慢する、という対価なのでしょうか。

ちまちまと複雑な割引を用意するより、圧倒的な使いやすさとシンプルさがあれば迷わず利用するんですけどね。 

関連記事