目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

syn.(シンドット)に食べログ参加:内輪での送客ですかね

KDDIの中心のないポータル構想、Syn.(シンドット)。

そのアライアンスの中に、食べログが入ったそうです。

これにより、閲覧ユーザー数が倍に跳ね上がる…というちょっと意味の分からない計算ですね。

リテラシーの高くない方がスムーズに使えるように…という構想で作られているようですが、これって美しい世界なのでしょうか。

KDDIのスマホに閉じられた世界、Syn.(シンドット)

ポータル構想って壮大なもののように思えます。

しかし、実際はオープンなWEBの世界から、この中で遊んでねー、という箱庭を用意したものにすぎません。

WEBの世界だと、自由に検索をしていろいろな情報に触れることができます。

しかし、情報が氾濫する時代になってくると、どうやったら自分に合った情報が手に入れられるか…

ある程度見分ける力が必要になってきます。

それができない人のために、あらかじめ答えを限定しておくということですね。

auの庭で、ではないですが、Syn.の箱庭に閉じられるわけです。

nanapi,VASILY,Gunosyからの食べログ…ITベンチャー相互送客

加入しているところは当然といえば当然ですが、ITベンチャーの大手(不思議な表現?)ですね。。

うがった見方かもしれませんが、互いが互いに有利な状況を作るために手を組んでいるように見えます。

その中でさらなる大手が入ってきたのが今回の食べログ…といったところでしょうか。

Syn.のポータル構想は、その中で閉じることなのでそれ以外のグルメ系(Rettyとか)はもう入らないのでしょうね。

syn.ポータルに価値ある情報が載るのか

本当に掲載される情報は、価値のあるものばかりなのでしょうか。

syn.に入っている、nanapiなんかは面白いのが独自コンテンツを結構つくっていたりします。

たしかになるほどな、と思うものも多いです。

食べログについてはどうでしょうか。

CGMメディアとして発展してきて、今やもう情報が氾濫しすぎて踊り場を迎えているように思います。 

 

箱庭にさらなる複雑なものを持ち込む、というのは、いかがなものなのでしょうね。

結局、他のところに行かないようにして、広告ふくめ自分たちだけで独占しよう…という構想のように、思えてしまいます。 

関連記事