目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

iPhoneの機能とXperiaのデザイン≒Galaxy S6

MWCでのサムスンの端末ですね。

魅力的っちゃ魅力的です。

両社のいいとこどりですから…

iPhone搭載の機能をしっかり搭載のGalaxy

機能面でiPhoneが目玉にしたものはきっちり取り入れてきていますね。

ホームボタンでの指紋認証

前回のGalaxyS5でも搭載していましたが、富士通のように指をスライドさせて認証する方式でした。

今回は、きちんとホームボタンのタッチで完成するようになっています。

TouchIDが捗りますね。

決済にはSamsungPay

applepayのように、サムスンペイも入れてきています。

NFC関係なくできるようですね。まずはアメリカと韓国。

…日本には根付かなさそうですねー。

まずはおサイフケータイで十分なのかと。

今後対応機種が減ってきた時が勝負どころですね。

Xperia Zシリーズを思わせるデザイン

Sharpの端末もそうでしたが、Xperiaにデザインが寄ってきていますね。

…端末下部のスピーカーはストレートにiPhoneライクですが。

背面ガラスがXperiaっぽいのでしょうか。

それにしても、カメラ部分が出っ張っているのはイケテない。

カメラのスペックを求めると、その部分があつくなるのはやむを得ないのでしょうが…

5~6年前のガラケーの、カメラ部分が太くなって、でも最薄部はXXmmですよ!

みたいな売り方にげんなりしたことを思い出します。

GalaxyS3ではフェラーリのデザイナー採用?

デザイン面では、昔iPhoneのパクリだといわれていたころに、デザインにこだわると標榜していた時期がありました。

S3のころに、フェラーリに在籍していたデザイナーを抜擢したとか。

…あまり目新しい感じはしませんでしたが。

そこから、現在のデザインにつながっているんでしょうかね。

なんだかんだ言って、背面ガラスの色が変わって見えるデザインは、秀逸だと思います。

これを搭載するんだったら、全体デザインを全く変えたほうが評価は高いと思いますけどねー。

せっかくのオリジナリティが、埋もれてしまいます。

意思決定がちょっとだけ残念。