読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

applewatchはappleらしくない:スマートウォッチはもっとオシャレになれる

3/9にはappleからのウェアラブルデバイス、applewatch関連イベントがあるといわれています。

各社(HUAWEI、LG、モトローラetc)の発表済みスマートウォッチを見ていると、applewatchが特筆すべきスマートウォッチになるとは思えません。

iPhoneで生活をかえたappleですが、applewatchが生活を変えるのには何が必要なのでしょう。

applewatchとスマートウォッチのデザイン性

applewatchの外観を見てみましょう。

時計の概念からはずれる、四角いスマートウォッチのフェイス。

appleがタグホイヤーの幹部を招いたのはapplewatchのためだったのでしょうか。

applewatchのデザインではなく販売戦略なのでしょうね、きっと。

四角いapplewatchだからこそ…今までの時計と同じような、革ベルトもメタルバンドも、とってつけたような違和感を覚えます。

applewatchはスマートウォッチだ。

これは疑いようがありません。

しかし、市場がないところにappleが投入する製品は、こんなものでいいのでしょうか。

applewatchは外観からスマートウォッチの機能重視

四角いapplewatchのディスプレイから読み解けることは、機能重視の戦略。

マーケットインか、プロダクトアウトかでいうと、プロダクトアウト。

appleがウェアラブルをやろう、スマートウォッチをやろう…

そうしてできたものがapplewatchと推察されます。

applewatchの外観が体現するもの

applewatchの外観からわかるのは、デジタル情報を余すことなく表示するための表示面積の大きさ。

これは、ファッションやデザインという観点は後回しになったということの表れではないでしょうか。

appleがiPhoneで定義したもの

applewatchが革新的な商品になりうるか。

apple発の革新と言えた、iPhoneをジョブズが発表した時のことを思い出していましょう。

キーノートでジョブズが述べたのは、3つの革命的な商品。

タッチ操作の大画面iPod、携帯電話、画期的なインターネットデバイス。

この3つを発表するといって、出てきたのは1つのiPhone。

iPhoneによって、appleは電話を再定義しました。

applewatchは何を定義するのでしょうか?

applewatchとiPhoneの違い

iPhoneは革命的な製品でしたが、既存の製品の延長でもあります。

昨日のベースは、今までのiPod。

そして携帯電話、インターネットマシン。

できることをiPhoneにまとめたものです。

applewatchは?

そもそも、スマートウォッチでできることが何なのか、よくわかっていません。

これは、applewatchもほかのスマートウォッチも同様です。

得体のしれないapplewatchに機能を詰め込んでも、ユーザーは混乱する一方です。

マスに受け入れられたiPhoneですが、applewatchは一部のマニアのためのものになります。

applewatchが目指すべきファッションアイテムとしてのスマートウォッチ

applewatchが、少なくとも最初に目指すべきだったのは、最高の腕時計を定義することではないでしょうか。

applewatchが最初に目指すべきだったデザイン

詳しくなくても身に着けたくなる腕時計。

applewatchのデザインを見につけていると、iPhoneと連動して素敵なことが起きる。

スマートウォッチの役割は、applewatchが体現すべきはまずそこです。

逆にLGやHUAWEIといったメーカーのほうが、ファッショナブルなスマートウォッチを出しているのがappleへの警鐘ですね。

applewatchの戦略ミスとファッションアイテムの可能性

極論、腕時計は古臭いものです。

盤面が気になるから、いろいろなデザインを買い求めるのが腕時計。

それが楽しみでもありますが、いつまでそれを続けますか。

applewatchが破壊できる市場としては、ソフトウェアの強みを活かせますよね。

最初のバンドとカタチさえいいものを選べば、applewatchの盤面の表示はソフトウェアダウンロードで対応できます。

ケータイの着せ替えの発想ですね。

applewatchが時計としてできるのは、昼はオフィス向けの落ち着いたデザインと、夜は街に繰り出す垢抜けたデザイン。

これをひとつのapplewatchデバイスに共存させることができるのです。

非常に分かりやすく、高級腕時計という市場をとりにかかれるはずです。

applewatchがそれをやらない…一般的な時計と異なる四角い盤面を採用したことで、技術先行の体制が見て取れます。

それが残念ですね。

もしかすると、スマートウォッチの先駆者はHUAWEIやLGといったメーカーになるのかもしれません。

iPhoneとandroidの勢力図も、それに左右される勢力になるか…

applewatchとandroidスマートウォッチの戦いが共倒れになりませんように。 

関連記事