目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ワイモバイルのタイムセールに騙されない!買うべきはDIGNO CかNEXUS6

ワイモバイルのタイムセール、インターネットでよく目にしませんか?

ワイモバイルは、名前がどんどん変わってきたキャリアですね。

ウィルコムとイーモバイルとソフトバンクを合わせたものがワイモバイルと考えてください。

特にソフトバンクですが、新規ユーザー獲得のために手を尽くしてきた会社です。

ワイモバイルになる前のウィルコムで、1台買えば2台ついてくるという恐ろしいキャンペーンさえありました。

名前がワイモバイルにかわって迎える初の年度末。

ドコモとauからユーザー獲得のために、タイムセールというゲリラ的なキャンペーンをやっています。

 ※2015/5/9追記:現時点ではNEXUS5、買いです。

ワイモバイルの対ドコモの秘策、タイムセール

ワイモバイルのオンラインストアと、twitterのプロモーションでよく見るのがタイムセールの文字。

ソフトバンクグループなので、ドコモとauからのMNPが対象です。

実際どの程度お得なのでしょう?

ワイモバイルのタイムセールとは?

タイムセールは、ワイモバイルが新しいアイキャッチとして入れたものですね。

目玉商品として0円~の端末を用意しています。

が、さすがワイモバイル!とはなりませんね。

投げ売り用の旧型端末を売っています。

これは全くオトクじゃないので注意したいです。

ワイモバイル版NEXUS5をアウトレットの名で投げ売り

タイムセールと別にワイモバイルが用意したのアウトレットです。

ここでは、旧機種と、中古端末まで売っていますね…。

まさにアウトレット。

しかし、その中にNEXUS5が連なっています。

玉石混交の玉でしょうか。

ですが、NEXUS5の端末だけを買うわけにもいかず、基本料金のプランには割引がききません。

SIMフリーで販売されているとはいえ、ワイモバイルのアウトレットはあまりオトクな印象は受けませんね。

ワイモバイル×DIGNOかNEXUS6の最新端末が目玉

では、ワイモバイルのキャンペーンは全く意味がないのか?

そうではないですね。

むしろ、最新端末が大きな割引になっています。

やっぱり人気のNEXUS6を、ワイモバイルから

純粋なSIMフリー版を買おうにも、品切れ続出のNEXUS6。

ワイモバイルなら、まだ購入できそうです。

しかも、月額料金から多少の割引がきくので、実質5万円程度で入手できそう。

ワイモバイルよりもSIMフリーがオススメなので不本意ではありますが、入手できない現状があります。

NEXUS6を購入できる!ということのほうが意味合いとしては大きいかも。 

参考:NEXUS6が定価で12/11にワイモバイルから:MVNO+SIMフリー

ワイモバイルの大穴、最新DIGNO C(京セラ) 

実は一番の目玉は、最新版のDIGNO Cかもしれません。

もちろん実質価格は0円。

ワイモバイルのスマホって、スペック的にはなんだかなぁ…と思うものが多い中で(NEXUS除く)、唯一光る端末です。

防水防塵に、クアッドコアCPU。

RAMは1GBと物足りないですが、ミッドレンジと考えて十分な端末。

外観もつるんとシンプルで、良好です。

隠れたDIGNOが宝物になるのでは?

ワイモバイルはタイムセールで年度末に何を達成するのか

ワイモバイルはドコモ、au等に比べ、唯一iPhoneを取り扱っていません。

android端末をどれだけ売るかです。

そして、特筆すべきはWi-Fiルーターも安売りのセット販売をしていること。

昔であれば抱き合わせとして憤慨したものですが、今であればワイモバイルにもシェアプランがあります。

これを組み合わせたら、安くあげられるかもしれませんね。

ワイモバイルが純増をKPIとしているのは間違いありません。

年度末に純増の存在感を見せられるキャリアとして、タイムセール含め販売強化をしていくことでしょう。 

参考:3年間タダでワイモバイルが使える方法:破壊的なキャンペーン