目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

みおふぉんが900円で3GBに増量で、繰り越しても使いきれないレベル

MVNOの料金・スペック競争が激しくなってきましたね。

春商戦でドコモやauがMNP獲得競争をしていますが、MVNOみおふぉんもしっかりと販促施策を用意しています。

みおふぉんは900円で3GB

みおふぉんは3GB、5GB、10GBの3プランに

もともとの価格はこちらの3種類。

  • 2GB:900円⇒3GB
  • 4GB:1,520円⇒5GB
  • 7GB:2,560円⇒10GB

10GBになるプランはSIMカード3枚でシェア可能です。

10GBで9,500円のドコモのシェアプランとは…?

参考:みおふぉんの現時点の料金表

f:id:cvmer:20150310213843p:plain

画像出典:IIJmio公式より引用(https://www.iijmio.jp/hdd/data/

みおふぉんもOCNモバイルONE同様バンドルクーポンが繰り越せる

3GBというと、ドコモのXiパケホーダイライトの容量ですね。

ドコモでは4,000円弱のプランでした。

それが900年ですか…。

隔世の感がありますね。

そして、3GBは普通に使う分には十分と考えられます。

みおふぉんでさらに便利なのは、データ量が翌月に繰り越せるので、安心感が増すことですね。

繰り越しても翌月使い切るかは別問題ですけど。

ただ、同じ料金で使える量が増えるというのは手放しに喜べることですね!

MVNO界隈での澪フォンの安心感

4/1スタートだが、3月中の契約でも自動アップグレード

みおふぉんの新料金は4/1から適用になります。

では、4月になってから申し込んだほうが手続きも1回で楽なのか…と思いきや。

今月中に申し込むと、4月からは自動で1GB追加のプランに変わるようです。

転用手続きの必要なドコモ光とは(比べる対象も違いますが)大違いですね。

競争環境にあることってユーザーのメリット大きいです。

他のMVNOにも回線を貸す、MVNO界の大手みおふぉん

みおふぉん(IIJ)はドコモの回線を借りてサービス提供をしています。

と同時に、ドコモ回線を大口で借りて、みおふぉんとして提供するだけでなく他社…DMMモバイルに貸し出したりもしています。

参考:DMMmobileは日本通信から乗り換える価値があるかも

ユーザーが一気に増えると帯域の不足でデータ通信が遅くなることも考えられますが、基本的には大きな帯域で借りていると思われるので、安心できるMVNOキャリアでしょう。

春のケータイ商戦もいいですが、毎月の維持費の高いドコモやau。

今年はSIMフリーが義務化となる総務省指針も出ていますし、ひと足さきにみおふぉんでMVNOデビューもいいかもしれませんね。 

※追記:各社追従しています。

楽天モバイルが早速みおふぉん増量に追従!MVNO容量競争激化へ 
みおふぉんが通話割引、楽天モバイルとデッドヒート

OCNモバイルONEがスピーディに容量拡大!5GBはみおふぉんより安値

BIGLIBEが容量増加に制限撤廃、繰り越し開始と盛りだくさん

ドコモやau大手キャリアの参考記事: