目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ドコモを解約してもモバイルSuicaを使い続ける方法

カケホーダイプランが始まっていよいよ割高感が出てきた、ドコモをはじめとする日本の大手キャリア。脱ドコモをして、格安スマホともいわれるMVNOで通信をして、スマホ本体はZenfoneやAscendを利用する手もあります。

人によっては、通勤に便利なモバイルSuicaをはじめとしたおサイフケータイを利用したくてドコモやauを使い続ける人もいるでしょう。しかし、MVNOでも基本的にはおサイフケータイの運用ができます

ドコモ解約後もMVNO運用できるおサイフケータイ

おサイフケータイ運用のためには、二つの条件があります。

  • おサイフケータイ対応端末であること
  • 通信が可能であること

おサイフケータイ対応端末:ドコモやauのスマホ限定

ひとつめの、対応端末であることはいわずもがなですね。

なので、ZenfoneやAscendといった、海外のSIMフリー端末は非対応のものが多いのが残念なところです。

「一流」の国産メーカーMVNOスマホたるVaioPhoneもおサイフケータイは非対応なので。

参考:イオンではVaioスマホとXperiaが真っ向勝負? 

理由としては、おサイフケータイがドコモ主導で始まった規格だからですね。

ドコモとSony系のFelicaネットワークスでおサイフケータイのインフラを整備してきました。

ドコモのインフラ作りは非常に価値のあるものだったと思います。 

モバイルSuicaは対応遅かったですが、非接触の技術的には非常に有用ですね。

通信が可能であること(MVNOもOK!):一部アプリの起動時に必要

事前チャージ式のモバイルSuicaなどは、アプリを起動してチャージする必要があります。

nanacoをクレジットカードからチャージする場合も同様ですね。

これはドコモの通信である必要はなく、Wi-Fiにつないでチャージすることもできます。

注意点は、一部のアプリはSIMカードで認証をしているので、SIMが入っていない状態だとアプリの起動さえできないということです。

例えば、モバイルSUICAでこの現象が起きますね。

しかし、アプリが起動しないだけで、モバイルSuicaで「乗る」という機能は果たせます。

改札を通るときには、きちんと支払いをしてくれるのです。

これはモバイルSuica以外の他サービスも同様ですね。

JALやANAも通れます。

むしろ、電源をOFFにしていても実は大丈夫です。

入れておくSIMはこれはみおふぉんやOCNといったMVNOで問題ありません。

例外:ドコモ契約必須のiDはMVNO不可

ある程度のサービスは利用できるのですが、利用できないサービスもあります。

ドコモ製のサービス、iDがその一例です。

iDはMVNOでは利用できません。

どうやら、通信時の接続にドコモのISPであるSPモードにつなぐことが必須の仕様になっているようです。

そのため、SPモード契約を伴わないMVNOでは利用ができない、ということです。

…こういったクレジット系のサービスこそオープンにすればいいと思いますけどね。

MVNOスマホでも使っておくべきおサイフケータイサービス一覧

ドコモ主導のサービスは、首をかしげるものが多い中で、おサイフケータイは秀逸だと思っています。

これもドコモがインフラを整備したうえで、他のプレイヤーがサービスを磨いてきた、というところもありますが。

便利に使うためにおススメのサービスを並べておきます。

支払系:モバイルSuicaとnanacoが鉄板(MVNOでもSIM有)

モバイルSuica

言わずと知れた便利サービスですね。電車にも乗れるし、コンビニ等で買い物もできます。

モバイルSuicaのいいところは、クレジットからのオートチャージでポイントがたまるところ。そして、アプリに履歴が残るので、移動のログが残ることですね。

サラリーマンの方で経費申請をするときにはこのログが便利です。

また、事業主の方であれば、クラウド会計のFreeeも連携が可能なのはうれしいです。自分でどこにいっていくらで…というのをメモする手間がなくなりますからね。 

nanaco

セブンイレブンに行く機会が多い人限定ですが。クレジットカードからのチャージをすれば、クレジットのポイントとnanacoポイントが両方つきます。

個人的には、コンビニのレジで小銭じゃらじゃらやるよりも電子マネーを使った方がどれだけお互いのためにラクか、と思います。

スターバックスカード

スタバも増税に合わせて小銭が1円単位の価格設定になったので…これもおサイフケータイにいれておくと楽です。

会員認証系:JALとANA、利用に応じて選べる

JALスキップサービス

最初にマイレージカードを登録しておけば、航空券の購入情報を保持してくれます。

なので、QRコード出したりせずに、タッチするだけで完了。非常にスマートです。PASSBOOKの比じゃありません。

ANAモバイルAMC

JALと同様ですね。自分がよく使う会社のものを登録すればよろしいかと。

両方入れても問題ない(カードがかさばることがない)ので、いい時代になたなーと思います。

おサイフケータイが使えるドコモ端末の白ロムとMVNOの組み合わせ

ドコモを解約しても利用できるのですが、ガラケーを利用していてMVNOでスマホデビューをする!という方には端末をどうするかが問題です。

SIMフリー端末ZenfoneやVaioPhoneはおサイフケータイ非対応なので。

そこで活躍するのが、amazonでも購入できるドコモ端末の白ロムですね。

年度末で投げ売りされたスマホが少しずつ値下がりしています。

安定のXperia

やっぱりXperiaがオススメです。XperiaZ3は思ったより値下がりしませんでしたが…

そこそこのスペックのXperiaA2あたりはお安くなってきています。 

おサイフケータイをスマートに使う

荷物(カード)が減る、小銭が減る、時短ができる。結構なメリットがあります。ドコモをやめてMVNOだからといってあきらめず、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。 

また、おサイフケータイが心配でMVNOデビューできなかった人も、ぜひこちらの記事を参考にどうぞ。 

 

ドコモの料金プランに関して参考: