目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

格安のカシオ電卓に後悔した不自然なデザイン

仕事上で必要だったため、カシオの電卓をamazonで購入しました。

最低限の機能がついていればいいなー、と思い、格安の電卓です。

1,000円程度で普通サイズの電卓が買えるのはいい時代だなー、と思って待っていたんですが、届いてみたら地味に使いづらい。

カシオの電卓のUIについて、なぜ使いづらいのかを考えてみました。

購入したカシオ電卓 

カシオ製の電卓、1,000円程度でこちらを購入しました。

一見なんの変哲もない電卓です。

実は以前、カシオ製のワンサイズ大きい電卓を利用していました。

2,000円なので十分こちらもお安い電卓です。

実は、この2つの電卓で大きく使い勝手に差がありました。

同じメーカーですが、なぜこんなことが起きるのでしょう。

格安カシオ電卓、0と00の位置に注目

パッと見では差が分かりづらいかと思います。

注目していただきたいのは2点あります。

カシオ格安電卓の0と00の位置

クリティカルなのがこの位置です。

通常のテンキーであれば、1の下には0がある。

というか、パソコンで使う場合は00などないので、0で慣れていますよね。

利用の頻度としては0のほうが多いかと。

対して、カシオの格安電卓では1の下に00が来ています。

割と無意識に押し間違えて、イラッとします。

ACボタンの位置

カシオ通常電卓と格安電卓では、電源かつリセットのACの位置も違います。

通常電卓では左上にあったものが、格安電卓では左下。

完全にカシオ電卓への慣れの問題ですが、クリアしようとして左上に自然と指が伸びるのを制御しなければいけません。

回数が多いと、ストレスがかかってきます。

カシオなぜキーの位置を変えたのか

カシオ電卓の使い勝手に対するいら立ちは、両方とも慣れに起因するものではあります。

しかし、特に0と00に関しては、なぜ位置を変えているのでしょうか?

PCキーボードと同じ配列にしないと混乱する…

私が想定利用のターゲット外だったのでしょうかね。

ユーザビリティのISO定義は、特定の人が、特定の環境下で、特定の目的で利用することに合わせることなので。

本当にこれを求めている人がいるのか、謎ではあります。 

商売電卓はCanonが至高

商売というか、売り上げであったり何らかの計算をする…

しかも千万から億の単位も考えるのであれば、Canonの電卓が至高です。

長年CANONの電卓を愛用していたのですが、メーカーをCつながりでCASIOと誤解していました。

小さなストレスですが、毎日のことなので電卓はこちらに買い直しましたとさ。

CANONの地味な電卓ですが、ノーストレスで使い勝手抜群です。

参考記事