読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

みおふぉんが通話割引、楽天モバイルとデッドヒート

4/1からデータ通信容量の拡大を発表したみおふぉん。

データ通信だけでなく通話のプランもありますが、通話つきのプランでも同日から割引の仕組みが発表されました!

参考:みおふぉんが900円で3GBに増量で、繰り越しても使いきれないレベル

みおふぉんで10円/30秒の通話、みおふぉんダイアル

みおふぉんの今までの料金体系

みおふぉんはデータ通信だと2GBで900円(4月からは3GB)。

それに音声通話の090番号を付加すると、700円が追加。

合計1,600円でスタートです。

そして通話料は20円/30秒と、ドコモやauの大手キャリアのカケホーダイ前のプランと同等でした。

通話が少なければ、まぁ少額で維持をできるというメリットがありますね。

半額のみおふぉんダイアル

今回のみおふぉん(IIJ)の発表では、通話料を半額にするというものです。

30秒当たりの課金が20円⇒10円。

ドコモauの大手キャリアの半額でもあります。

価格設定としては、楽天でんわがここにあてはまりますね。

G-Callとかのサービスも同等です。

方式は違いますが、LINE電話がちょっと安いです。 

参考:LINE電話には、楽天でんわのように3分じゃない無料通話 

みおふぉんダイアルの割引は楽天でんわ方式

みおふぉんダイアルの使い方

大手キャリアの半額というのは魅力的です。

その割引方式は?というと、付加番号(プレフィクスダイヤル)を通話の頭につけるというもの。

専用のアプリも用意されるようなので、通常の電話帳を共有設定さえすれば、いつもと同じ感覚で発信すると自動で番号付加と割引が適用されるものですね。

先行した楽天でんわと同様の方式です(無料通話はありませんが)

みおふぉんダイアルのメリット

これはLINE電話と比べてなのですが、通信が比較的安定している(だろう)ことと、自分の番号が相手に通知されることですね。

LINE電話は、相手方が使っているケータイの会社によって通知されたりされなかったりなので…固定電話にかける専用で使うのがいいです。

みおふぉんダイアルであれば、そこを気にせず利用することができますね。

みおふぉんの090番号に700円は高いか安いか

固定で700円+通話料のみおふぉんダイアル

もうドコモやauのケータイは捨ててみおふぉん一本にするぜ!という方にはいいチョイスだと思います。

もちろん、そういう方は通話もたまーにする、レベルだと思いますので。

…家族通話無料とかがなくなるので、そこは考慮すべきですが。

(ただし、みおふぉんダイアルと同時発表で家族通話の割引も発表されています)

意外と安いOCNの050プラス

ただし、そもそもそんなに使わない場合であれば、OCNの050plusもありかと。

月額300円でスタートできますし、何より050のIP電話相手への通話料は無料。

※提携先に限るようですが

飲食店の予約に電話かけることは多いと思いますけど、そのときの050番号って結構多いんですよね。

あとケータイ相手も1分16円と安いですし、固定電話は3分で8円と、LINE電話よりも安いです。

意外と使える050plusなので、みおふぉんとどちらがオトクか、検討の余地はあるかもですね。

競争が続くのはいいことです。 

スマホ料金関連記事: