目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ドコモのMVNOと違ってデータ増量に踏み切れない思惑外れ

みおふぉんを皮切りに、楽天モバイル、OCNモバイルONE、Nifty…

こぞってMVNO各社が価格据え置きでデータ通信容量の増加を打ち出しています。

3GBで900円、5GBで1,500円…

だいたい1GBあたり300円!がMVNOの相場になってきましたね。

それに対し、回線を貸している側のドコモはどうなるでしょうか。

ドコモのデータ通信は2GB3,500円から

ドコモは、もともとLTEのプランでは7GBと3GBを用意していました。

Xiパケ・ホーダイという名前でしたが、上限が設定されています。

事実上は、その中で収めるように努力しなさいよ、というものですね。

新料金プラン、カケホーダイ&パケあえるの導入から、名称からもパケット定額使いホーダイをなくしました。

パケあえるという名の従量制ドコモプラン

使った分だけ、のプランですね。

1人で使うなら2GB3,500円から。

家族で使うなら10GB9,500円から。

サービスは動画とかクラウドを拡充する一方でこのプランです。

それ自体はいいと思うんですけどね、あとは価格の問題です。

従量制のMVNOの3~10倍価格のドコモ

ドコモだと、2GB3,500円。

MVNOだと、10GBで2,600円。

目を疑う水準ですね。

ドコモ10GBは9,500円ですから…

ドコモ回線を貸し出している、ということは計算上で利益が出ているはずです。

おそらく、設備投資から期間が経過し、維持コストは下げられるという算定の判断でしょう。

カケホーダイ&パケあえるからみる、ドコモの思惑

値上げで増益したいドコモの思惑

従量制のプランに舵をきったドコモ。

これからは、利用が少ない音声をカケホーダイという名で値上げし、パケットも従量制にして値上げ…というのが思惑でしょう。

実際、短期的には音声通話をたくさんする人が機種変更をするので減益になります。

しかし、その後「ポテンシャル層」と呼ばれる、値上げになるユーザーがたくさんいるので増益します、と決算で述べていることからも明らかです。

MVNOの後押しをするドコモ

奇しくもそれと時期を同じくしてMVNOのこの活況です。

MVNOが普及していくのは自然な流れではありますが、緩やかな普及から急速な普及へ後押しをしているのは、ドコモそのもののように思います。

不当に、と思えるくらいの値上げプランがドコモから強制されるのなら、他の道を模索するのは世の常。

そうすると、MVNOに目を向けることになり、それに合わせてMVNO各社がプロモーションをする、そして世間がまた取り上げる…

好循環が出来上がりますね。

ドコモがデータ増量に踏み切れない理由

ドコモは、新料金プラン(カケホーダイ&パケあえる)で値上げによる増益を狙いました。

増益シナリオの一つは、パケットの従量制への移行による収入増加でしょう。

これに望みをかけていたにもかかわらず、MVNOがデータ増量しているからといって増量をしていくと、増益の道が絶たれます。

そのために、ドコモは経営判断としてデータ増量・値下げをできないでしょう。

しかし、痛し痒しなところではあります。

ドコモがデータ増量できないことによって、MVNOの安さが脚光を浴び、ドコモ離れを加速する。

ドコモはARPU(ユーザーからの平均収入)は維持・値上げできるかもしれません。

しかし、絶対数が減っていくことは避けられないでしょうね。

結局、どちらを選んでも苦境に立たされることは間違いないでしょう。

企業は競争によって、イノベーションが起きるものです。

この苦境から、ドコモ自らイノベーションを起こしてくれると信じています。

参考:MVNO(DMMモバイル)の大幅値下げとか

DMMモバイルが大幅値下げ!業界最安値に