読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

スマホをカギにするAkerunは法人向けの革命サービス

IoT サービス スマホ/IT ビジネス/コンサル

スマートロックロボット、Akerun(あけるん)が4/23発売(3/23に予約開始)です。

スマートなんちゃら、っていうのは聞き飽きた表現ですが、このAkerunは結構面白そうな予感がします。

参考:http://photosynth.co.jp/

スマートロックロボットAkerunとは

ドアの鍵の開錠を、スマホのアプリベースでできるようになる仕組み。

スマホアプリに認証を送って、Bluetooth連携で開けるようですね。

Akerunのメリット

  • 設定により、普通のカギをオートロックに変えることができる
  • 1回限りで発行できるので、数人でカギを共有するときに便利
  • スマホを忘れたり、電池が切れても普通のカギで開けられる

Akerunの注意点

  • Bluetooth連携なので、電源オンかつ通信環境がないと利用できない
  • ドアノブ一体型には利用不可

Akerunは既存のカギに外付け可能

お値段が3万6千円と、新しいテクノロジーの割に意外とお安いです。

しかも、既存のカギに取り付ければいいのでドアや鍵の交換といった複雑な作業が不要ですね。

Akerunは小規模オフィスにもいいかも

不特定の方がワンショットで利用するシーンに活用できそうです。

現在の取り組みとしては、不動産業者と連携して、部屋を内見するときに1回ごとに鍵を発行するもの。

…たしかに、物件めぐりをしていると、アナログにカギを隠してあったりしてセキュリティ大丈夫か?と不安になることもありますもんね。

また、NTTドコモと連携して39worksという取組もやっています。

こちらはホテルの客室ですね。

これも1泊単位で考えると、カギを預ける必要もないし便利になりそうです。

個人的に考えた使い方としては、小規模オフィスでカギをコピーしたくないときにいいですね。

従業員10人とかであれば、スマホに発行ってかなり便利です。

カギを遠隔で発行こそAkerunの価値

個人単位で考えると、カギをカバンから出さなくて済む、というのがイノベーションです。

ただ、これは実は大きな利用シーンの変化ではなく、カギを遠隔で発行できるということが大きいですね。

しかも、発行して利用された履歴も管理できるのは、セキュリティ上大きいです。

カギとしての精度が担保されたうえで普及すれば、セコムやアルソックのホームセキュリティ分野を食いにかかれるのかなーと思いますね。

「スマホでカギを開ける」というと普通ですが、Akerunは法人利用でかなり価値があるサービスになると確信します。 

こちらもどうぞ