目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

3年間タダでワイモバイルが使える方法:破壊的なキャンペーン

ウィルコム時代からもそうでしたが、ワイモバイルが契約者数向上の追い込みキャンペーンをやっています。

内容としては、1台ワイモバイルを契約すると、最大残り9台基本料金無料でPHSが持てる、というもの。

いったい何を言っているのでしょうか。

ワイモバイルでは家族割で副回線のケータイ基本料金が無料

ワイモバイルの副回線無料キャンペーン

2014年11月からのキャンペーンであり、いつ終わるかは未定になっています。

しかし、内容としては家族割引を組んだら、主回線の料金は発生するものの、副回線(家族回線)の割引が発生するというもの。

驚きの割引内容は、ケータイなら基本料金0円、無料ということです。

指定はケータイプランなので、PHS以外への通話料は有料ですが、着信専用で持っておくのなら十分すぎる割引です。

スマホプランなら500円の値引き

きちんとワイモバイルで活用したい!通話もネットもしたい!という場合にはスマホプランですね。

こちらも割引が用意されています。

スマホプランの場合は、各料金から500円の割引。

スマホプランSの場合だと、2,480円で利用できるということですね。

2,480円で1GB利用できて、10分以内の通話が無料。

これは結構使いごたえがあります、通話が多少存在するのなら。

店の予約とかためらわず電話できますね。

楽天でんわの3分よりも安心感が強いですね。

思い出されるウィルコム時代(ソフトバンク傘下)

このワイモバイルの無料キャンペーン、ウィルコム時代も実はありました。

店頭にて勧誘される手法としては、契約時に「無料だからもう1台」というもの。

確かに毎月の料金がかからないのであれば、無料で持っていても問題はないですよね。

ワイモバイル(ウィルコム)側としては、契約者数が増えて順調そうにみせることができますし。

同時購入で事務手数料も無料のワイモバイル特価

ワイモバイルで同時契約なら事務手数料が無料

ウィルコムの例を出したのは、事務手数料無料キャンペーンをやっているからです。

毎月の料金が無料になっても、初回に手数料がかかるのであればちょっと躊躇ってしまうもの。

ワイモバイルは、手数料も同時購入の場合は無料にすることで、その躊躇うハードルをなくしています。

後からワイモバイル契約でも適用できる

さらには、同時購入でない場合。

契約の事務手数料はかかりますが、あとからケータイ基本料金無料を適用することもできます。

家族の連絡用に、着信専用電話であればかなり便利に使えますね。

ワイモバイルのタイムセールではさらに機種代金無料も

ワイモバイルのケータイの利用シーン

そんなに何台も持つ必要があるのか。

実は、MVNOとの2台運用でも利用が捗りますね。

LINEをはじめとして、利用時には電話番号にSMSを送信して認証する必要があるサービスが存在します。

そのために、SMSだけ対応しているプランをMVNO各社出してはいます。

しかし、オプションとして月額150円程度かかるのが相場。

それであれば、通話として着信もできるものを固定電話がわりにおいておく、ということもできます。

なんせ無料ですから。

タイムセールで機種代無料が破壊的

一度、ワイモバイルがすごいタイムセールをしていました。

DIGNO Tのアウトレット(中古)なのですが、これを主回線にすると、スマホが機種代0円で毎月の料金がなぜか500円引き。

それに加えて、新規でPHSを3台まで機種代無料で購入可能。

同時契約なので、手数料も無料。

基本料金も無料。

これを見たときはさすがに震えました。

タイムセールは不定期開催のようですが、たまにチェックすると、こういった面白いこともあるようです。

 

cvmer.hatenablog.com