目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

BIGLOBEが容量増加に制限撤廃、繰り越し開始と盛りだくさん

みおふぉん、OCNモバイルONE、楽天モバイルとMVNOの容量増加が相次ぎました。

第二の波か、DMMモバイルが値下げも含めた格安対応をしましたね。

参考:DMMモバイルが大幅値下げ!業界最安値に 

 

これでひと段落かと思っていましたが、BIGLOBEも新たな手を入れてきました。

他社から遅れての容量拡大はさておき、短期間でたくさん使ったユーザーへの制限の撤廃です。

BIGLOBEのデータ通信容量拡大

BIGLOBEの容量拡大プランは以下の2種類。

  • 900円:2GB⇒3GB(エントリープラン)
  • 1,505円:5GB⇒6GB(ライトSプラン)

これだけ見るといたってふつうの水準です。

みおふぉんやOCNはじめ、他社もこんなもんです。

十分安いんですけど、ね。

ドコモ本体の契約に比べるとですが。

BIGLOBEは制限撤廃も

今回、特筆すべき事項は制限の撤廃です。

他社MVNOもそうですが、基本的には短期間で多くのデータ量をやり取りすると、速度に規制がかかるようになっています。

各社HPにも小さく書いてありますね。

BIGLOBE過去の通信制限

BIGLOBEの場合は、3日間で366MB。

これってフルに使ったとしても、月間で約3.6GBです…

そもそもライトSプランの5GBが意味をなさないんでないかい?ということです。

BIGLOBE、ライトSプランの制限撤廃

今回、規制の緩和ではなく、BIGLOBEが開始したのは制限の撤廃。

ただし、ライトプランSのみです。

エントリープランの場合は制限が残るので注意が必要。

これによって、料金が上のプランへの誘導を図った形ですね。

このやり方はドコモの考えとよく似ています。

ドコモも通信の制限を撤廃しました。

それは、定額制ではない従量制のプランなので、制限を緩和して使ってもらった方がドコモが得するからです。

同じ匂いをBIGLOBEの方針からは感じますね。

詳細:ドコモ3日で1GB制限の撤廃はサービスか搾取か

BIGLOBEの制限撤廃の6GBと繰り越しの組み合わせはかなり良い

BIGLOBEのライトプランSはライトじゃないユーザー向け

ともあれ、3GBだとギリギリかな…というくらいに利用する方にはBIGLOBEのプランはかなりいいのでは。

どちらかというと、MVNOを利用はするけど、低利用ではない人を狙いに来たのかな、と思います。

ドコモ本体でも通信の速度制限はなくなりましたが、同様に5GB利用しようとすると5,000円はくだらないので…

ライトプランSと繰り越しの組み合わせ

ライトプランでいいのは、今後はじまるデータ量の繰り越しにも対応している部分ですね。

繰り越しに対応していることで、4GB程度の利用であれば翌月は8GB使えます。

多少の動画見たりしても怖くありません。

たくさん利用するユーザーにもMVNO、という流れは確実に来ているかと思います。

関連記事