読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ドコモはひつじの執事が飛び出す:エイプリルフールとハロウィンと経済効果

ここ数年、4/1はエイプリルフールという理由でIT系の会社を中心に悪ふざけをしていますね。

ケータイ各社も(たしか)昨年、2014年からいろいろやっていました。

2015年のドコモとau

ドコモのエイプリルフール

ドコモが出したのはウェアラブルですね。

dwatchから、ひつじのしつじくんが立体で飛び出すという妄想。

…あったら割といいかもですね。

auのエイプリルフール

auの英雄CMを映画化。

そもそも元が不快なCMですが、それをこの春まで引っ張るとは思いませんでした。

追加で女性も出して、勝手に結婚とか狂気の沙汰。 

2014年のドコモとau

昨年2014年はどうだったでしょうか。

ドコモのエイプリルフール:最小のタブレット

最小のタブレットとして、Mintia的なタブレットをdtabelとして表示。

ところどころにUSO800とかの単語はちりばめられていましたね。

あと、月で利用できるMoonProjectとかもやってました。

そこから1年近くたってdtab2が出るわけですね…。 

 

auのエイプリルフール

デアゴスティーニ風にして、スマホを組み立てていく…

創刊号はボタンのみ、という仕上がり。

発想は面白かったです。

エイプリルフールに広告代理店を喜ばせてどうする

auのデアゴスティーニは、バーグハンバーグバーグという結構トリッキーなことをやる会社に委託したキャンペーンのようですね。

ここ数年でエイプリルフールに企業サイトで悪ふざけをしているのは、正直なところ厄介だなぁと思っています。

脳裏にダブってくるのはハロウィンが日本に根付いてきたこと。

各種イベントや、関連グッズが売れたりで儲かる人は自然発生的に儲かっていますね。

エイプリルフールは自然発生というよりは、大規模に広告代理店が仕掛けたんじゃないかなーと思っています。

各社サイトは手が込んでいますし、どんどん自社でWEBを作っていないような大手企業が悪ふざけをするようになりました。

これによる広告代理店の収入はいかほどか、ということです。

景気がいいという証?なのかもしれませんが、くだらないなぁと思ってしまいます。  

日本一「ふざけた」会社の - ギリギリセーフな仕事術 (中公新書ラクレ 518)

日本一「ふざけた」会社の - ギリギリセーフな仕事術 (中公新書ラクレ 518)