読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

XperiaZ3を買った②:価格変動とnanoSIMに注意

ドコモ版XperiaZ3のSilverGreenを白ロムで購入しました。

注文から手元に届くまでに時間がかかっているのですが、いろいろと気づいたことがあるので備忘もかねて。

タイトルから推察されるように、ちょっとミスりました。

XperiaZ3購入にあたって

Xperiaと同時に購入したもの

普段はカバーをつけず、液晶の保護シートだけ貼っています。

液晶の保護シート単体で買うよりも、Elecomのカバーと保護シートのセットのほうが安かったのでカバー買ってみました。

飽きたらカバー外していいわけですしね。

XperiaZ3には充電用microUSBは同梱されない

androidデビューの方には盲点になりそうなのが、XperiaZ3の専用卓上ホルダはあるものの、充電ケーブルは同梱されないことです。

microUSBで規格が統一されているので、過去にスマホを利用していたら使いまわしがきくので、コストカットとしてはいいところですね。

microUSBのケーブルが増えすぎるのも問題ですし…

初めての方は合わせて購入しておきましょう。

Xperiaに限らず、白ロムは価格変動がある

XperiaZ3の価格変動

私がZ3を購入したのは4/1です。

その時の価格(シルバーグリーン)は税込で3万9千円でした。

その後、amazonでの白ロム価格を見ていると、3万7千円くらいまで(もっと?)値下がりしたようですが、現在(4/6)は約4万円となっています。

最安値で購入するのは難しいですね…株と一緒です。

OO円を切ったら買う、というのを決めておいて、最安ではなくともモノがあるうちに買うのが良さそうです。

3月末の投げ売りでXperiaZ3が瞬間的にだぶついた?

XperiaZ3が安くなった理由は、市場の流通量でしょうね。

3月後半から、ドコモは端末購入サポートの導入でXperiaZ3を格安で販売し始めました。

その結果、安価でXperiaZ3を購入した人が増えたのでしょう。

4月に入ってZ3は端末購入サポートの対象外になったようなので、新規に市場に出回らなくなったということ。

需要と供給で価格が決まります。 

XperiaZ3はiPhoneと同様のnanoSIM

2014冬-2015春モデルからandroidもnanoSIMへ

SIMカードにはサイズがあります。

スマホが出始めのころのSIMから、miniSIM、microSIM、nanoSIM…

iPhoneが小型化の走りではありましたが、androidも同様のSIMサイズに落ち着いてきていますね。

2014冬のandroidからはiPhone5以降で搭載されているnanoSIM(めっちゃちっちゃい)がトレンドです。

XperiaZ3のデータ通信用SIMですが、当然ながらnanoSIMです。

OCNモバイルONEは購入ページのデフォルトがmicroSIM

注意不足なのですが…誤ってmicroSIMを購入してしまいました。

XperiaZ3はnanoSIMだと、頭では分かっていたにも関わらず。

待望のシルバーグリーンのXperiaをカートに入れて舞い上がっていたのか、OCNのSIMをデータ通信専用SIMというところだけ確認して購入してしまったのです。

届いてパックを見たら、「micro」の文字。

SIMについては大は小を兼ねるというわけにはいかないので…

泣く泣く改めてnanoSIMを発注しております。

そのため、SIMの開通はちょっと先になりそうです。。

皆様も、購入時はご注意を。

あと、価格変動あるので欲しいときが買い時です。

XperiaZ3購入レポートまとめ(更新中)